FC2ブログ
水分たっぷり!ホカホカ!犬の「冬のごはん」おすすめメニュー
2019 / 01 / 15 ( Tue )
冬になると、犬は寒さから水を飲む量が少なくなります。

水を飲む量が減ると、膀胱炎や尿路結石など泌尿器のトラブルに繋がりやすいです。

特に主食がドライフードの場合は水分が含まれないため、
1日の水分摂取量が不足することがあります。

お水だけ与えても飲んでくれない場合は、
食事と一緒に無理なく水分摂取できるように工夫をしてみましょう。

今回は「水分たっぷり!犬の冬のごはんおすすめメニュー」のご紹介です。

いつものごはんの水分量をアップ!


ドライフードにぬるま湯をかけるorふやかす
ドライフードに水をプラスすると、無理なく水分を摂取することができます。
寒いと冷たい水は飲みづらいので、体を冷やさないためにもぬるま湯がおすすめ!
ぬるま湯でたっぷりとふやかしたドライフードは、
水分が摂れるだけでなく消化にも良いです。

こちらは最も手のかからない方法なので、簡単に始められますね^^

ウェットフードを有効活用しよう!


ウェットフードはフード自体に水分が多く含まれているので、
ドライフードへのトッピングまたは主食にすることで美味しく水分を摂取できます。

ドライフードを食べてくれずウェットフードを主食にする場合は
「総合栄養食」と記載されたものを与えましょう。

こちらもとても簡単な方法ですが、ドライフードと比べて歯石が付きやすくなるので
歯みがきケアはしっかり行えると良いですね!

美味しいスープごはんで食欲もアップ!


ドライフードにペットミルクやチキンスープなどをかける
ペットミルクや、鶏をゆでたチキンスープなどをフードにかけると水分補給の他に、
食欲も増進されます。フードへかけずに単独であげるのも良いでしょう。

さらにもう一工夫!体を温めるスープごはん


冬は体が冷えることで、体の冷えから体調を崩してしまうことがあります。

そんな時は「体を温める野菜」を上記のスープごはんにトッピングして与えてみましょう。

冬が旬の野菜…特に根菜には体を温める効果がある物が多いです。

おすすめの食材は
  • ショウガ
  • ニンジン
  • ダイコン
  • カボチャ
などです。

ショウガは体を温めることで有名な食材ですが、
犬に与えても大丈夫?と思う方も多いと思います。

ショウガは玉ねぎのように犬に有害な成分は含まれないため、
与えても問題ない食材だそうです。

独特な味やニオイのため、苦手な子も多いです。
すりおろしたものを少量スープに混ぜて与えると良いでしょう。

その他の野菜もトッピングとして与える際は消化をしやすいように、
火を通したり、小さく切って与えるようにしましょう。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん
17 : 00 : 00 | 犬の健康管理 | コメント(1) | page top
扉を開けたら飛び出してくる犬を止める方法
2018 / 12 / 15 ( Sat )
犬を室内フリーで生活させていると、
扉を開けた時に犬が飛び出してくることはありませんか?

特に飼い主さんが出かけていて、玄関を開けた時に
お出迎えとして飛び出してきてしまう子は
多いのではないでしょうか。

飼い主さんが大好きな気持ちの表れでもあるので、
とてもかわいく思えてしまうのですが、
扉からの飛び出しは、そのまま逃走してしまったり、
最悪の場合事故にあってしまうなど、危険です。
(もちろん前提として、逃走防止に柵等の設置はしておきましょう)

そのため、扉を開けても犬が飛び出さないように、
ルールを教えてあげましょう。

扉を開けたらすぐに閉める


「扉を開けても犬が飛び出さず、座って待っている」
という形が理想的ですよね。

と考えると「マテ」で止めさせたいところですが、
興奮している犬をマテで止めるのはこの段階では難しいです。

そのため、まずは扉を開けたら犬が駆け寄って来るタイミングで
扉を閉めるようにしてみましょう。

この対応をすると

【飼い主さんが扉を開ける→犬が嬉しくて興奮してドアに近寄る
→飛び出そうとしたら閉まる→飛び出したら飼い主さんがいなくなった
=自分の行動で報酬(飼い主さん)がなくなる=その行動が減る】

というように犬が学習していきます。

何度か繰り返すと扉を開けても犬は止まったり、座ったりと、
今までと違う行動をするようになります。

犬はこの段階になるとだいぶ冷静になってきているので、
指示が入りやすくなります。

そのタイミングで「マテ」をかけて部屋に入るようにし、行動を強化します。

部屋に入ってから撫でるなどのご褒美をあげるようにしましょう。

これを繰り返すと、犬は扉を開けても飛び出さずに
冷静に座って待てるようになります。

冷静にお出迎えできる=興奮を抑えることに繋がる


上記のトレーニングは「犬が扉から飛び出さない」という効果だけでなく、
犬の興奮を鎮めることに繋がります。

飼い主さんが部屋に入ってくる(外出から帰宅する)時は
犬は最も興奮しやすく、吠え問題に繋がったり、
発作持ちの犬の場合は、興奮が発作の引き金になることもあります。

犬は座って待つことで、自分を落ち着かせることができます。
そのため、興奮の度合いをかなり引き下げることができるので、
問題行動が軽減する可能性があります。

基本的に犬が興奮している時は、
こちらから触るなどのご褒美を出さないようにすることを心がけましょう!



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | しつけ全般 | コメント(6) | page top
犬と遊べる室内ゲーム~宝探しゲームver.2~
2018 / 11 / 15 ( Thu )
20181115.jpgみなさんは雨の日など室内で犬と遊ぶ時、
どんな遊びをしていますか?

私と愛犬のマイブームは宝探しゲームです。

以前も宝探しゲームは紹介しましたが、
今回はさらに難易度が上がり、
探索意欲が沸くものとなっています。

大好きなお気に入りのおもちゃがあれば
どんな子でもできますので是非トライしてみてください!^^

犬と遊ぶ~宝探しゲームver.2~のやり方


以前お話しした「宝探しゲーム」は
布の下におもちゃを隠して、探させる遊びでしたが、
今回は違う部屋におもちゃを置いて探させます。

おもちゃは犬が一番好きな物を使いますが、、
あまりおもちゃに興味のない子はコングなど
中におやつを入れられるおもちゃを使って
おやつ+おもちゃで興味を持たせましょう。

前提としてマテモッテコイを覚えていると遊びやすいです。

~レベル1~
犬を待たせて見える位置におもちゃを置き、
「○○(ボールやおもちゃなどの名前)探して」などと
おもちゃを探す合図を言います。

すると犬は大好きなおもちゃに対する執着がありますので、
すぐに目の前のおもちゃを咥えます。

そのまま「持ってきて」と言って自分の元に
持ってこさせるようにしましょう。

持ってきたところで褒めておやつをあげたり、
そのまま大好きなおもちゃで遊んであげるなどします。

☆ポイント☆
おもちゃに特別な名前を付けておくと、
そのおもちゃを犬が認識しやすくなります。
(我が家はピコピコと鳴るボールが大好きなので、
ピコピコと呼んでいます。)

~レベル2~
おもちゃを置く位置を犬から離していきます。
この段階ではまだおもちゃをどこに置いたのか、
犬から見える位置で構いません。
(成功させるために難易度は下げます)

また合図でスタートし、同じように探させましょう。

~レベル3~
おもちゃを置く位置を犬から見えない場所にしてみます。
壁の後ろなど、少しわかりづらい位置に置いてみましょう。
どうしても見つけられない時は、近くまで誘導してヒントを与えても良いです。
必ず犬がおもちゃを見つけて終わるようにしましょう。

    ☆ポイント☆
  • 成功体験を増やすことで、犬のやる気が出ます
  • 飽きて止めてしまうのを防ぐために、
    見つけられないと思ったら早めにヒントを出しましょう。
  • 飼い主さんが見つけて終わるのは止めましょう。

~レベル4~
おもちゃを置く時にフェイントをかけてみます。
家全体を使って、部屋や廊下など色々な場所を使ってみます。
A地点に置くと見せかけて、そのままスルーし、
正解はB地点、さらにC地点を経由し、犬の元に戻るなど…
この段階になってくると、犬はしっかりと「嗅覚」を使って探します。
飼い主さんが歩いた場所をしっかり嗅覚で伝って行く姿は
まるで警察犬のようで見ていてとても楽しいですよ^^

この遊びでは「嗅覚」「頭脳」を使うことができ、
家の中を歩き回るのである程度の運動にもなります。

あくまでも「遊び」なので、型にとらわれず、
コミュニケーションの一つとして
飼い主さんもわんちゃんも楽しく遊んでくださいね!^^



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬との生活 | コメント(2) | page top
飼い犬が突然トイレを失敗!「模様替え」に注意しよう!
2018 / 10 / 15 ( Mon )
先日知り合いのわんちゃん(6才)が突然トイレを外すようになってしまい、
困っているとのお話をお伺いしました。

成犬が突然トイレを外すようになった場合は
  • 健康面の異常
  • 環境の変化
  • ストレス
  • 運動不足
などを疑います。

6才なのでまだ認知症ということはなさそうですし、
健康状態も問題なしでした。

何か変わったことはしていないか聞いたところ
「模様替え」をしたとのことでした。

結論原因はこの「模様替え」でした。

生活環境の変化は問題行動に繋がることも…


生活環境も含めてトイレを覚えていたわんちゃんは
環境が一部でも変わってしまったことにより、
トイレを外すようになってしまったのです。

人間にとっては家具の位置を変えたり、
新しい物を置いたりと楽しい模様替えですが、
わんちゃんにとっては困ったことだったのですね。

しかし、季節の模様替えをしないというのも
飼い主さんにとっては楽しみの一つがなくなってしまうので、
模様替えをする時は
  • 一気に変更せず少しずつにする
  • 犬の生活スペースを変更する時は慎重に行う
  • トイレの位置は大きく動かさない
などに注意して行うようにしましょう。

特に気を付けて欲しいのがトイレの移動です。

大きく移動をしてしまうと混乱し、粗相をしたり
排泄をしなくなったりしてしまい、
それをきっかけに治すのが難しくなってしまうことがあります。

移動をする時は少しずつ移動をし、
もしどうしても大きく移動をしなくてはいけない時は、
朝起きてご飯を食べた後など排泄をしやすいタイミングで
新しいトイレの場所に連れていくなど、
サポートをするようにしましょう。

決して叱ることはしないようにしましょう。

目の見えないわんちゃんを飼っている場合は、
模様替えはさらに犬にとって負担が大きくなります。
わんちゃんの行動範囲を大きく変更することは止めましょう。

排泄ミスの原因はいくつも考えられるので注意!


今回は模様替えが原因の排泄ミスでしたが、
季節の変わり目は体調を崩しやすい時期ですので、
尿路結石や膀胱炎などの病気が原因の可能性もあります。
原因は一つではない可能性もあるので、
体調面のチェックもしっかり行いましょう。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | トイレトレーニング | コメント(2) | page top
早朝排泄をして、吠えて飼い主を呼んでしまう子犬の対処法
2018 / 09 / 15 ( Sat )
今回はわんこのお悩み相談でいただいた内容を掲載していこうと思います。

お悩みにもわんこの個性がありますが、
多くの問題は一般的なしつけ内容を利用すれば解決に繋がります。

皆様のお悩みの参考になれば幸いです^^

早朝排泄をして、吠えて飼い主を呼んでしまう子犬の対処法


Q.早朝排泄をして、吠えて飼い主を呼んでしまう
3ヶ月のオスの子犬です。
ケージにハウスとベッド、トイレを設置して寝かせているのですが、
朝6時になるとウンチをして私を呼ぶようになってしまいました。
どうすればいいでしょうか?ハウスを使うと良いと聞いたのですが、
ハウスはおやつを使うと少し入ってくれますが、
あまり良いイメージはなさそうなので使用をためらっています。



A.習慣にならないようにし、排泄をコントロールしていく
まず「朝6時にウンチをして飼い主さんを呼ぶ」ということが
習慣になってしまうのは避けたいですね。
また、吠えて要求を通そうとする癖も止めておきたいところです。

早朝ウンチをしてしまうというのは、
朝目が覚めてケージの中で少し体を動かしたことで腸が動き、
ウンチをしてしまうということが原因と考えられます。

元々子犬は成犬と比べて消化器官が未発達のため、排泄間隔が短いです。
ですので、ある程度成長することでも問題が解決することはあります。
ただ、現在は「吠えて呼ぶ」という別の問題が発生しています。
この場合、無視をするのも良いのですが、
ウンチを踏んでぐちゃぐちゃにしてしまったり、朝から吠え声が響くなど、
飼い主さんの精神的に堪えることでもあります。

出来るだけ排泄をコントロールしたいところですね。

この場合はハウスを使った排泄コントロールがおすすめです。

犬は基本的に狭い場所では排泄を我慢し、
出てきたときに排泄するという習性があります。

そのため、夜寝るときにハウスに入れて、朝起きたらハウスから出して
トイレに行って排泄を促すというのが出来れば良いですね。

この方法はトイレトレーニングとして、
とても優れた方法なので、実践することをお勧めします。

そのためにはまず「ハウス」で快適に過ごせるように慣らす必要があります。

まずハウスに慣らすための第一段階
「おやつを使ってハウスに入る」は出来ているのは良いですね!

ハウスは犬によっては怖がってしまったり、頭だけ入れても
体全体は入れてくれなかったりする子もいます。

次の段階は
「ハウスの中にいるといいことがあるし、遊びが中断されることはない」
と教えていきます。

犬にとってハウスのイメージが悪くなるのは
  1. ハウスの中に閉じ込められて遊べなくなった
  2. ハウスの中に入ると病院に連れていかれる
などです。

そのため、ハウスの中に入ると飛び切りいいことがあると初期の段階で
イメージ付けていくことがとても重要です。

遊びなどでケージから出している時にまずは短時間から教えていきましょう。

ハウスの中に入ったら長時間遊べる特別なおもちゃ兼おやつのコングを入れてあげましょう。
コングの中にはペースト状のおやつを入れてあげると
なかなか舐めることができないため、かなりの時間もたせることができます。

それに数分夢中になっている時にハウスを開けて、遊びを再開してあげます。
(※出してほしくて騒ぎ出す前に出してあげます。)

これをすると
「ハウス=閉じ込められて遊びが中断されちゃう。飼い主さんにも会えない!」という
マイナスイメージを払拭できるようになります。

基本は騒いだ時には出さないことを注意してもらえればOK。
中でおとなしくできている時にはハウスの扉からフードを一つ入れてあげたり、
中にいることも褒めてあげられると良いでしょう!

これを遊びの中で、遊びの一環として教えてあげてください。
基本子犬のしつけは遊びながら楽しくいきましょう!

あとは寝る際のハウス使用については、ハウス内粗相が心配な場合、
今6時に排泄をして鳴いてしまうということなので、
粗相してしまう可能性があるとしたらその辺りが高いです。

なので、ちょっと早起きしてわんちゃんが鳴き出す前ぐらいに
ハウスから出すようにしてトイレ出ししてあげましょう。

そうすれば「ウンチをしたら鳴く」=「飼い主さんが来てくれる」という習慣は
とりあえず止めさせることができます。

我慢できているようであれば次の日はもう少し起床時間を遅くてしてOK。
段々伸ばしていけますので、いつの間にか静かに朝が迎えられますよ^^

わんちゃんによって我慢できる時間は個体差がありますので、
絶対にハウス内で粗相しないということは断言できないのですが、
多くの子は狭いところで寝ているので、朝まで我慢できます。
また、成長と共にハウス内で粗相してしまった子も、
我慢できるようになっていきます。

失敗をさせないように、夜寝る前に排泄を済ませるなどの対策も出来ると良いですね。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん
17 : 00 : 00 | わんこお悩み相談室 | コメント(4) | page top
| ホーム | 次のページ>>