ハイハイする赤ちゃんと犬の共生について
2017 / 03 / 10 ( Fri )
生後10カ月の女児 祖父母の飼う大型犬にかまれ死亡(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース

すごく痛ましく悲しい事件ですね・・・。
ご家族のことを考えると胸が本当に痛いです。
亡くなられた赤ちゃん、ご家族の皆様にお悔やみを申し上げます。

正直「この犬種ではあまり聞かない事故」というのが第一印象ですし、
多くの方がそう思ったのではないかと思います。

ニュースだけでは犬がどう飼われていたのかということは
わからないのでその点に関してはコメントは控えますが、
「ハイハイしている赤ちゃん」というのは犬にとっては
「人間と認識できない」可能性があります。

外に出ると子供には会いますが、
ハイハイしている子供というのは外にはいないので
多くの犬が犬生の中で「初めて見る」のではないでしょうか。

子犬の時から色々な所に出向いて学ぶ社会化でも
「ハイハイする赤ちゃん」を見る事はなかなかないのではないでしょうか?

特に飼い主さんの赤ちゃんではなく、飼い主さんの孫であれば
わんちゃん自身にとっては会う機会も少ないため
さらに「家族」の認識は低いかもしれません。

元々獲物として小動物に過剰に反応してしまうタイプのわんちゃんなどは
赤ちゃんに限らず猫などの小動物と同居すると
本能を刺激されてしまう場合があります。

そのため持っている本能が、ストレスなど色々な要因が重なって
突然出てしまうことはゼロではありません。

しつけをしていると犬は落ち着きを学ぶことができるので
その可能性は低くはなるのですが、
今回のような事故を防ぐためには、
ハイハイする赤ちゃんに慣れていない犬はゆっくり慣らすために
ケージに入れるなど対応した方が良いですね。

子供に対する認識は犬によって異なる


今回はゴールデンという温和で子供が好きなイメージのある犬種のため
衝撃も大きいのですが、犬種でも個体差があるので
すべてのゴールデンが温和で子供が好きという性格なわけではありません。

しつけや社会化、元々持っている性質で変わります。

もちろんその逆で子供が大好きで、自分の子供のように
一緒に寝たり、遊んでくれる犬もいます。

自分の飼っている犬がどういった性格で
小さな子にどういった反応をするか、
それをしっかり見極めたうえで、
飼い主さんが目を離さず見守ることがとても重要です。


しっかりとした管理や慣らすことが出来れば、共生は問題ありません。

ただどんな家庭でも起こる可能性はある事故ということは覚えておきましょう。
それが注意するという意識に繋がります。

「赤ちゃんに犬は危険」というイメージが付いて
飼っている犬を手放す、というようなことが増えないことを願います。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん
16 : 57 : 34 | 時事 | コメント(4) | page top
コメント
--愛犬がゴールデンに2回襲われた事、あります--

いつも拝読しています。
悲しい事件です。ご家族のこれから…
加害犬として扱われる事になってしまったゴールデン…

何年か前愛犬(柴)がご近所のシェルティ(メス)と遊んでいた時、シェルティと仲良し犬のゴールデンが焼きもちを焼いたのか、
愛犬をめがけ猛突進してきて襲われそうになった事があります。
慌てて、愛犬を抱き上げ背を向けたところ、私の肩に前足をかけられたのでダッシュで逃げました。
飼い主さんは、いきなり走り出した犬の力に勝てず、リードを離してしまったとの事

温厚なイメージがあるゴールデンですが、
大型犬です。あの時、ゴールデンが本気で襲う気があったら、私も無傷ではいられなかったと思います。
by: かいにゃん * 2017/03/15 09:45 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: Re: 愛犬がゴールデンに2回襲われた事、あります--

>>かいにゃんさん
こんにちは。
いつもご覧いただきありがとうございます。

今回のこの事故、本当にどの視点から見ても悲しいです。
このような事故が二度と起きないように注意しなくてはいけないですね…

かいにゃんさんもわんちゃんも大変でしたね…
いきなり走り出して襲ってくるという事は攻撃的なのか遊び好きなのか
やきもちやきなのかは判断が出来ませんが、
レトの興奮しやすいところが出ているように思います。
その子の性格を知ったうえでの判断やコントロールが出来ていない、
という事ですね。

大型犬はどんな子でもやはり力が強いので
何かあった時どうしても大きな事故になりがちです。

私の犬も散歩中にゴールデンに噛みつかれたことがあります。
リードはついていたので一瞬で事なきを得ましたが、
正直私も心の中で
「飼い主さんが近づけてくるゴールデンという事は温厚な子なんだろう」
という勝手な思い込みがありました。
愛犬にとても申し訳ない事をしてしまいました・・・
その後秋田犬とすれ違った時は飼い主さんが遠くから
「うちのダメだから離れて欲しい。ごめんね~」
というように言ってくれたので問題なくすれ違えました。

犬種や性格だけではなく飼い主さんがちゃんとその子のことを理解して
その子に合った対応が出来ているという事は本当に重要です。
by: meg * 2017/03/15 14:25 * URL [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2017/03/21 10:40 * [ 編集 ] | page top
--Re: 長くなり申し訳ありません--

>>ナッツさん
今回の件は本当にタイミングが悪く重なってしまった
交通事故と同じような事故だったと思います。

普段日常的にいない存在である、
“犬が慣れていない赤ちゃん”、というのが
一番難しいところだったのかな・・・
なので、飼い主さんの子供であれば
またちょっと違うとは思います。

本当にそうですね、ナッツさんの言う通りです。
(完璧すぎてウンウンと納得するしかできません!)

どんなに犬が家族と同じような存在だとしても
犬は人ではなくて“牙を持った動物”と
しっかり認識することが大事だと思います。

今回は犬の方が突発的な行動を起こしてしまいましたが、
子供も犬に対して突発的な行動を起こします。

大人の監視が必要なのはもちろんのこと、
どちらかが何かを起こしそうであれば
やはり一緒にするときは万が一を考えてハウスに入れることなど
しなくてはいけないですね。

犬を守れるのは飼い主さんだけですから・・・。

周りの人の犬に対してのイメージを良くするのも
悪くするのも飼い主さん次第なんですよね。

良いニュースもあれば悪いニュースもあるのは仕方のない事ですが、
わんこに対する良いニュースで溢れてくれればいいなあと思います。
by: meg * 2017/03/21 17:55 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |