犬と猫のしつけ方法の違い
2017 / 01 / 15 ( Sun )
今回は犬と猫のお話です。

犬のしつけトレーニングとして最近の主流は
犬を褒めて伸ばしてあげる「陽性強化」のトレーニングですね。

シンプルに言うと

犬がした行動に対してご褒美を出すことにより
犬がその行動をすることが増える


というトレーニングです。

この陽性強化のトレーニングはどのような動物にも使えますし、
陽性強化を利用したクリッカートレーニング
イルカのトレーニングにも利用されます。

この陽性強化のトレーニングは犬にとても適しています。

※以下の文ではトレーニングは動作を教える、
しつけを人と生活するうえで必要なルールを教えることとして記載します。

陽性強化が犬のトレーニングに適している理由


その理由として
犬は人に褒められることが大好きで、
犬は“ご褒美”がわかりやすい
、というのが
挙げられます。

多くの犬は人とのコミュニケーションが好きで、
声をかけられたり、撫でられたりすることが大好きです。
また、ご褒美としてのおやつやおもちゃなどに対して
執着が強く、褒められてご褒美をもらえるということに対して
モチベーションが非常に高いです。

猫のしつけ・トレーニングは?


犬と並んで身近な動物である猫にも
ご褒美による陽性強化は可能ですが、
猫は犬よりもこれらへのモチベーションが低く、
あまり執着しません。(猫にもよりますが)

猫は「気まぐれ」なので何か動作を教えるトレーニングの場合は
猫の気持ちを考えて教えてあげる方が良いのでしょうね^^;

ですので、猫のしつけ(して欲しくない行動を止めさせる)に関しては
環境を整えてあげたり、天罰法を利用して猫自身に
「自分が行動して嫌なことがあったからもうその行動はしない」
ということを覚えてもらう方が効果的です。

(例:爪とぎを叱るよりも爪とぎ場を用意してあげる
例:飛び乗ってはいけないところに飛び乗ったら叱るより、
飛び乗った瞬間に物が落ちて来る天罰を起こす)

しつけでは犬のように声をかけたり撫でてあげて褒めることは猫にも有効ですが、
これも個体差があります(笑

褒めるしつけと叱るしつけ


褒めるしつけ以外にも叱るしつけが効果的なこともあります。

ただし叱るというしつけ方法は犬にとっても猫にとっても
タイミングや叱り方などで上手く伝わらないことが多いので、
(特に猫にとっては嫌なイメージ付けが先行して
逆効果になることが非常に高い)
こういった犬や猫の性質に合ったしつけ法を意識してみると
上手にしつけできるかもしれませんね^^



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | その他 | コメント(10) | page top
人に対してお腹を見せる犬について
2016 / 10 / 13 ( Thu )
20161013nicole.jpg飼い主さんが撫でようとしたら
自らお腹を出す犬がいます。

ただ「お腹を撫でろ!」と催促するような子もいますが、
お腹を出す前から体勢を低くして耳を下げ、
尻尾も少し下げながら振っている様な場合は
飼い主さんに最上級の服従と甘えを行っている行動です。

この行動を“飼い主さん”に進んで行うような子は
とても服従心が強く、争いを好まない平和主義、
おっとりした性格が多く、
家庭犬としては好ましいタイプの気質を持って行います。

ただし強く叱り過ぎてしまうとへこんでしまったり、
飼い主さんの姿を見ると怖がってしまうように
なることもありますので、注意が必要です。

また「怖がり」な面も持ち合わせていることもあるので、
何かを強要したり、追いつめない様にしてあげましょう。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん
15 : 20 : 08 | その他 | コメント(12) | page top
犬の尻尾が下がっているときは・・・
2016 / 03 / 16 ( Wed )
犬の尻尾が股の間まで入って下がっている時、
多くの人は「怖がっている」時と考えます。

怖がっている時尻尾は下がりますが、
それ以外にも多くの理由から
尻尾が下がっていることが多く、
また健康チェックにも重要なので
どういった理由があるのか理解をしておきましょう。

犬の尻尾が下がる理由


  • 体に痛みがある
  • 恐怖を感じている
  • ストレスを感じている
  • その行動をしてほしくないとアピールしている
  • 自分が弱いことをアピールしている(服従
などがあげられます。

一番気にして欲しいのが、
体に痛みがあったり体調不良の場合も尻尾が下がるということです。

恐怖やストレスを与えているような状況ではないのに
尻尾が下がり震えていたり、動かないような場合は
体に異常がある可能性があります。

ストレスや恐怖を感じているときに下がりますが、
こうなっているときに追いつめると
場合によってはパニックで余計恐怖感を与えたり、
噛みつく可能性があるのでまずは落ち着くまで見守りましょう。

犬にとって嫌な事をしようとしたとき、
その空気を呼んでそそくさと尻尾を巻いて
逃げて行くこともあります。
え~やだな・・・ぐらいの事が多いので
こんな時は我が家では普通に捕獲して実行してしまいます(笑
関係が築けていれば噛まれたりすることはありません。

尻尾を下げてゆっくり振りながら
体勢を低くして近寄ってくるような場合は
服従心が強く飼い主さんに対し自分が下であることをアピールしています。

一重に尻尾が下がっている、
というだけでもこれだけ色々な感情や健康状態が読み取れます。
犬のきもちを理解するために役立てましょう。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | その他 | コメント(0) | page top
おやつの誘導が上手くいかない時は…
2016 / 02 / 24 ( Wed )
おやつでの誘導は犬に何かを教える際・・・
“動作のきっかけ”や“動作の流れ”等を教えるのに
とても重要です。

特にオイデやツイテ、スピンなど動的な動作を教える際には
すごく役立ちます。

ただ、この誘導時々「付いてきてくれない」というご相談をいただきます。

そういう子の多くは「おあずけマテは他のトレーニングと切り分けて教えよう
の記事に書いたようにおやつの前で待つことを強化されすぎてしまっている
可能性が多いです。

おやつの前では待つということがインプットされてしまっているのです。

まずこの状態を打開してあげるには「上手に釣る」ことですが
いつも使っているおやつでおそらく動かないので下記の方法を試しましょう。
  • 特別なおやつで釣る
  • おもちゃで釣る
  • 少しリードを引いてあげる

特別なおやつで釣る


いつも食べていない特別なおやつ。例えばにおいの強い物・・・
チーズやレバーなどのおやつを使って鼻先から誘導します。
するとにおいにつられて多くの犬は一歩ずつ動いてきます。
動いたら少しおやつをあげます。

それを繰り返すうちにおやつについていくといいことがあると
徐々に学習していくはずです。

おもちゃで釣る


おやつでどうしても動かない場合は、音の鳴るおもちゃなど
誘惑度の高いおもちゃを使って動かしましょう。
着いてきたら褒めておもちゃを渡します。

少しリードを引いてあげる


動きやすいようにリードを少しこちら側に引いてあげて
補助をしても良いです。

動いても良いというきっかけを作ってあげる補助が必要な時もあります。

注意点


これらはあくまで“きっかけ”なので動く様になったら、
手についてくるように誘導し、
ついてきたらおやつやおもちゃをあげるように
フェードアウトしていきましょう。

マテをかけながら誘導の練習をするのは止めましょう。
犬が混乱してしまいます。

おやつをちらちら動かすのはマテの誘惑としては良いのですが
誘導を覚えてからにしましょう。

ちゃんと分けて教えてあげると
動いて良い時(マテがかかっていない時)と、
動いてはいけない時(マテがかかっている時)を
しっかり覚えます。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | その他 | コメント(0) | page top
“物事に対する嫌なイメージ”がついていないか考えてみよう
2015 / 11 / 11 ( Wed )
犬が普段できていたことが突然出来なくなる時があります。

例えばフリーにしている時、
突然サークルに設置しているトイレに行かなくなり、
トイレを外すようになってしまった。というようなことがあるとします。

この時の原因を探す手がかりの一つとして
「嫌なイメージがついていないか」は重要なヒントになることがあります。

嫌なイメージがついていないか考える


サークルのトイレに対して犬の悪いイメージ付けがないかを考えてみましょう。
  • 悪いことをしたときに閉じ込める場所にした
  • サークルに入れられると遊びが終わってしまう
  • サークルにいる時嫌なことが起きた
  • サークルのトイレは寝床の隣なので汚したくない
などなど・・・
こういったことが“嫌なイメージ”としてついてしまった場合
サークルに犬がトイレしに行かなくなる理由として考えられますよね。

このいやなイメージ付けを変えるには環境を変えたり、
サークルに対して良いイメージ付けを行ったりする必要があります。

嫌なイメージを無くす対策を行う


例えば
  • サークル以外の場所にトイレを設置してみたり
  • サークルを外してみたり・・・・
  • サークルに入るとおやつがもらえて、またすぐに出してもらえる
などなど・・・・

サークル以外の場所にトイレを設置したら成功する場合は
ほぼ100%「サークルに戻ること」に対して不満があると思います。

サークルに対して良いイメージを付け直すか、
サークル外のトイレを利用させるかは飼い主さんの選択となりますが、
この時点で「何で失敗するのか」はだいぶ絞ることが出来ます。

要因は他にある可能性もありますが、
その場所に対して“嫌なイメージ付けがついていないか”を考えてみるのは
問題解決のヒントになったり、犬の行動を理解するのに役立ちます。

嫌なイメージ付けは飼い主さんも意図せず
無意識に行ってしまっていることが多いので気付きにくいですが
突然何かが出来なくなったり、怖がったりするようなときは
こういったことを考えてみましょう(^^)

Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | その他 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>