犬の“かわいさ”“賢さ”アピールのトリック
2015 / 02 / 25 ( Wed )
トリック(一芸)、皆さんは愛犬に教えていますか?

私の愛犬はたくさんトリックを覚えています。

フセやオスワリなどの基本動作以外に
そんなものは教える必要はないという人もいますが、
トリックは基本動作と違い「しつけ」の面ではなく、
犬との「遊び」として役に立つので
私は重要だと思っています。

また、トリックはその動きから
わかりやすく「かわいさ」「賢さ」が見られます。

それだけ考えると全く必要ないと思われますが、
小さい子やお年寄りなどに対してはとてもわかりやすいものです。

つまり、小さい子に「わんちゃんはこういうことが出来るんだよ」
と教えて犬という動物に興味を持ってもらうことが出来ますし、
お年寄りにはその可愛い動作で楽しんでもらうことができます。20150224nicole2.jpg

トリックは人を笑顔にして、
多くの人に喜んでもらえるので
犬はとても楽しんで行います。

笑顔が溢れて、人にも犬にもいい空間が生まれますね!^^

我家では最近「ハーイ」をごはんの前に行って
「ご飯食べたい~?」というと「ハーイ」と手をあげるようになりました。
(会話できているようでちょっぴり楽しいです笑)

もちろん問題行動が出てしまっている子などは
基本動作を行っていくのが重要なのですが、
基本動作の息抜きに教えてみるのも楽しいと思います。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | トリック(一芸) | コメント(6) | page top
犬にトリックを教えてみよう!~お返事「ハーイ」~
2013 / 08 / 02 ( Fri )
hai.jpg「○○ちゃんハーイ!」
「(▽・エ・)ノシ」

というようにお返事として可愛く手をあげるトリックがありますね。

お手は出来るけど
ハーイは出来ないという方が意外に多いようなので
今回は「ハーイ」のポイントをお話ししてみます。

ハーイの教え方


ハーイを教えるにはまず、お手を教えます。
お手の教え方はこちら
>>犬にトリックを教えてみよう!~お手&おかわり~

お手が出来るようにあったらアレンジのハーイを楽しんでみましょう。

  1. お手が出来るようになったら、手の位置を少しずつ高くしていきます。
  2. 手の位置を高くしていき手の向きをハイタッチの向きにします。
  3. そのまま手と前足を少しずつ離していき、
    こちらがハーイと言う指示を出し、手をあげたら犬も手をあげるという形にします。

②はそのままハイタッチとして独立技にもなりますね。

元々“手を高く上げてそこにお手をする”という形なので
犬から離れるとハーイとなり、
犬から近いとハイタッチになります。

指示を理解できるようになると、離れた場所から「ハーイ」と言っても
手をあげてくれるようになるので本当に可愛らしいですよ(*^^*)

動作としてもとても簡単なのでぜひ覚えさせてみてください。

ただ、このハーイは短足さんは苦手な様。
無理のない高さでコミュニケーションを取っていけると良いですね。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。




Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

15 : 45 : 24 | トリック(一芸) | コメント(6) | page top
愛犬のダッコを指示で出来るようにしよう!
2013 / 03 / 13 ( Wed )
犬の抱っこの方法の一つとして
指示で犬を膝の上に乗せて抱っこするという方法があります。

とりわけ重要なコマンドではないのですが、
とある問題のある子にはとても役に立つコマンドとなります。

そこで今回はダッコについてお話します。

ダッコの役割


  • トリックとして
  • 抱っこが苦手な子へのコマンド化

一つはトリック(芸)の一つになります。
ダッコと言って膝に飛び乗ってくるというのはなかなか可愛い物です。
持ちあげるのにもなかなか便利。

ディスクドッグの中のフリースタイルと言う競技の中でも
トリックの一つとして存在し、
ジャンプが得意で高く飛べる子はアレンジすれば
このような胸へ向かっての抱っこも出来ます。

もう一つはダッコが苦手な子へのコマンド化です。

これは急に抱っこをすると怖がってしまう子、
嫌がって噛みつく子等に使える方法
で、
自分の意志から膝に飛び乗って
ダッコの位置に行くという行動を覚えると
ダッコと言う物が「怖いもの」ではなく一つの指示となります。

ダッコに苦戦している方は指示として教えてみましょう。

ダッコの教え方


pyon.jpg指示で膝の上に飛び乗るというのが抱っこの形です。

指示は「ダッコ」や「ポン」など呼びやすい物で良いでしょう。

教え方は2種類あり、一つはおやつを使って膝上に乗せるように誘導する方法です。

誘導して膝の上に乗れたらおやつを与えます。

最初は上手に乗るのに時間がかかりますが、膝の上が安定していて怖くない、
おやつがもらえるとわかるとピョンとジャンプして飛び乗るようになります。

もう一つは自然に膝に乗ってくる犬への後付けの指示として教える方法です。

例えば座っていると膝の上に乗りたがる犬と言うのは結構います。

ここで一旦マテをさせて、指示語をかけてから乗せるというようにします。

わかりやすく膝をぽんぽん叩くというのと一緒に行っても良いでしょう。

これを覚えると飛び乗るという行為は知っているので
指示で覚えるのは早いです。

膝に勝手に乗られてばかりいると、
他人の膝にも堂々と乗るようになってきてしまうので、
指示があった時だけ許可するように出来るといいですね。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

10 : 50 : 48 | トリック(一芸) | コメント(8) | page top
犬にトリックを教えてみよう!~バージャンプ~
2012 / 10 / 18 ( Thu )
bar.jpg愛犬との楽しいトリックでの遊びシリーズ。

今回はバーを跳び越える“バージャンプ”を教えてみましょう!

ここでは最も用意しやすい「バー(木の棒など)」を使用しますが
一度覚えると他の物へのジャンプもすることが出来ます。

ではまずバーを用意しましょう。
  1. バーの上をまたがせる
  2. バーをちょっと浮かせる
  3. バーを浮かせてジャンプの指示で跳ばせる
  4. バーの手前に待たせてジャンプの指示で跳ばせる

①バーの上をまたがせる


まずは用意したバーを床に置いて、
おやつで誘導しながらバーの上をまたぐということをさせます。

この段階ではバーの上をまたぐということが重要です。

最初から高さを出して失敗させてしまうと
犬に恐怖を与えてしまいますので注意が必要です。


しっかりバーをまたげたら褒めておやつをあげるようにしていきましょう。

②バーをちょっと浮かせる


バーをジャンプさせるために今度は高さに慣らしていく必要があります。

少しバーを浮かせてそこをまたがせるようにしましょう。

出来たら褒めてあげます。

少しずつ高さを出していきましょう。

③バーを浮かせてジャンプの指示で飛ばせる


バーを浮かせて跳べるようになってきたら
跳びそうな時に「ジャンプ!」と指示を入れて
「ジャンプ」=「跳びこえる事」というように意識付けていきます。

バーを跳び越えやすいように、バーの先を指で差す、
おやつを持って向こうへ行くようにするなど
補助もしてください。

④バーの手前に待たせてジャンプの指示で跳ばせる


ジャンプを理解してきたらバーの前に待たせて
「ジャンプ!」の指示で飛ばせるようにしてみましょう。


「ジャンプ」の指示で跳ぶことが理解できると前述の通り
フラフープを使った輪くぐりや
人の腕を輪にしたところを跳び越える物、
人の足をバーの代わりにして飛ばすもの等
色々アレンジできます。

跳び越えるという動作自体は難しい物ではないので
比較的教えやすいトリックと言えます。

ジャンプ系の課目は競技会での選択課目にもありますので
得意な子なら極めてみると面白いと思いますよ^^



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

14 : 51 : 44 | トリック(一芸) | コメント(2) | page top
犬にトリックを教えてみよう!~おじぎ(プレイバウ)~
2012 / 06 / 15 ( Fri )
犬とのコミュニケーションの一つトリック(一芸)

今回は見た目にも可愛らしい「おじぎ」を教えてみましょう。

おじぎとは


ojigi.jpg前足はフセのように下げて、お尻は上がっている格好・・・
まるで頭を下げておじぎをしている様な格好です。

このおじぎは犬たちの中では「敵意はないから遊ぼう」と誘う時の格好で「プレイバウ」とも呼びます。
>>犬からのメッセージ、カーミングシグナルについて

指示語としては
  • 「おじぎ」
  • 「バウ」
  • 「こんにちは」
  • 「あいさつ」
  • 「ペコリ」
など
言いやすかったり可愛い物を選んでもよいでしょう。

おじぎの教え方


まずフセを教える時のようにおやつを手に持って犬の手の間に持っていきます。

犬の体側に手を入れ込む様な形の方がお尻が上がりやすく、
反対に体から遠ざかるとフセになりやすいです。

そのままだとフセてしまうので
おやつを持っていない反対の手でお尻が下がらないように補助をしましょう。

「おじぎ!」という言葉の指示を入れながら何回も繰り返し、
少しずつ手の補助を外していくと
上手にお尻が上がったまま体勢をキープできるようになります。

解除の言葉をかけるまで維持できると良いですね^^

このおじぎはドッグダンスなどで多く使われますね。

また、犬同士での遊びの誘いポーズでもあるので、
犬同士出会った時に指示でさせると相手との友好な関係作りの
きっかけに使用する事も出来ます。




Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

15 : 23 : 03 | トリック(一芸) | コメント(2) | page top
| ホーム | 次のページ>>