愛犬の発熱の対処と、体温の計り方
2017 / 09 / 15 ( Fri )
愛犬と過ごしていて、何だかいつもより体が熱いと感じる時はありませんか?

犬も体の調子が悪いと人間と同じように発熱します。

犬の状態を知るために体調が悪い時は「体温」も気にするようにしましょう。

発熱の簡易的なチェック方法


犬の平熱は38℃~39℃で、発熱している状態は39.5℃前後。
40℃以上になると危険な状態です。

平熱でも人間よりかなり高い体温ですので
人間が触れると平熱の場合でも「温かさ」を感じます。

そのため、発熱はなかなか気付きにくい事ですが、
普段はあまり体温の高くない部分を知っておくと
触れた時に異常に気付きやすいです。

普段体温の低い部分は
などですので、この部分が熱くなっている場合は
発熱している可能性があります。

また、発熱していると鼻も乾きます。

発熱をしていると人間と同じように
  • 食欲不振
  • 元気消失
  • 体のだるさ
  • あまり動かなくなる
等の症状が見られます。

犬の体温の測り方


体温が高いと感じたら、正確にチェックしましょう。

体温の測定方法
犬の体温の測定方法は体温計を肛門に入れて
直腸の温度で検温します。

この検温方法が難しい場合は、
耳で測る体温計を使用する方法もあります。

犬の発熱の対処法


発熱している時は、人間と同じように冷やしてあげます。

首の回りや、わきの下、鼠蹊部などを
冷えたタオルで抑えると効果的です。

熱が高温ではなく、すぐに下がったり、
しばらくして元気や食欲が戻ってきた場合は、
自然に回復することがほとんどです。

しかし、食欲不振、元気消失、嘔吐、下痢などの症状が長期的に続いたり、
40℃以上の高熱や、6時間以上熱が下がらない場合は病気の可能性があります。

犬の発熱から考えられる病気


  • 感染症
  • すい炎などの炎症
  • 熱中症
  • 子宮蓄膿症
などを発症すると、発熱が症状として見られます。

特に40℃以上の発熱が見られる場合は、これらの症状の可能性が高まり、
様子見してしまうのは大変危険です。

自己判断が難しい状態ですので、獣医さんの診断を受けましょう。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬の健康管理 | コメント(0) | page top
犬が夏バテしていませんか?食事にトッピングをしてみよう!
2016 / 09 / 03 ( Sat )
こんにちは。
8月も終わり、9月になりましたがまだ残暑が続いていますね。
夏が苦手なわんこたちにとってはまだまだつらい季節です^^;

話は少しそれて私自身の話になりますが、
昨年から夏になるとひどい口内炎が出来るようになりました。
夏場は疲労がたまりやすく、ビタミンが消費されるので
ビタミン不足に陥りやすいのでこういった症状が出るようです;;

夏場に調子が悪いわんこもビタミンが不足して
疲労が溜まっている可能性があります。

そんな時はいつもの食事に少し工夫をしてみましょう。

夏バテ回復のおすすめトッピング


トッピングにはネギ類など犬が食べてはいけない食材に注意をすれば
多くの食材はトッピングに使うことが出来ます。
>>犬が食べてはいけない食べ物について

「疲労回復のビタミン」と言われるビタミンB1が
多く含まれる食材としておすすめなのが豚肉がです。

豚肉には感染症や食中毒を引き起こす寄生虫がいるため、
生ではあげず必ず火を通して与えてください。

また体調が悪くなると体内で生成されるビタミンCも
不足してしまうのでビタミンCが含まれる緑黄色野菜も
トッピングしてみてください。

特に夏の旬の野菜は新鮮度も高いので良いですね^^

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。




Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん
16 : 06 : 06 | 犬の健康管理 | コメント(20) | page top
犬の体臭の原因を考えよう
2016 / 08 / 03 ( Wed )
なんだか最近いつもより愛犬が臭う…なんてことありませんか?

もともと犬は猫よりも皮脂腺が多く、毛づくろいを行いませんが
反対に猫は皮脂腺が少なく、
毛づくろいを行うので体臭が少ないと言われます。

そのため、定期的なシャンプーを行うと
臭いの元は一時的に取れます。

ただし、シャンプーをしているのに臭うという場合は
別のトラブルの可能性があります。
  • 皮膚のトラブル
  • 口の中のトラブル
  • 内臓のトラブル
  • ドッグフードのトラブル

皮膚のトラブル


皮膚自体が感染症により炎症を起こしていたり、
耳の中が汚れていたり、皮脂が多く出る脂漏症等の場合は
体臭がきつくなります。
専用のシャンプーや薬浴などを行い、
トラブルを改善することにより、体臭もなくなります。

口の中のトラブル


口の中に歯石が溜まっていると口臭がきつくなります。

特に暑い時期はパンティングを行うので
歯石が多い子は口臭が漂いますよね^^;

改善方法としては歯石を除去する事と歯みがきです。

歯石が溜まりすぎて歯肉炎など炎症を起こしている場合も
口臭が強くなりますのでこの場合は治療を行います。

また、メラノーマなどの口腔内に出来るガンの場合も
臭いがきつくなります。

内臓のトラブル


内臓が悪くなると体臭がきつくなることがあります。
肝臓や腎臓などの働きが弱くなっていたり、疾患があることもあります。

ドッグフードのトラブル


添加物の多く含まれたドッグフードを与えていると、
体臭がきつくなることがあります。
ドッグフードを変えることで改善されることもあります。
毎日与える物ですので慎重に選びましょう。

たかが体臭、されど体臭。
普段と違う臭いがするという事は
やはり何かトラブルがある事が多いという事です。
体臭もしっかりチェックしていきましょうね!



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

17 : 15 : 44 | 犬の健康管理 | コメント(0) | page top
犬と暮らす7月初めの暑さ対策
2016 / 07 / 06 ( Wed )
7月に入り、段々と暑い日が続く様になってきましたね。

まだ気候や気温が不安定のため、涼しい日もあります。
そんな時困るのがクーラーの設定です。

我が家ではこの時期30℃を超える日は
確実にクーラーを入れるようにしていますが、
それ以下の場合ですと、日のあたりなどで
部屋の気温があまり上がらない時もあるため、
そんな時はクーラーではなく保冷剤でお留守番時のハウスを
冷やして出かけています。

>>犬に最適な温度と湿度について

犬が動いている状態か寝ている状態か、
暑がりの犬かなどでも
適正温度は変わりますので
その都度対応は変えて行かなくてはいけませんが、
“犬が暑がっている”そぶりが見えたら
温度を下げてあげるようにしています。

具体的には
  • パンティングが止まらない
  • お腹を冷たい場所に付けて伸びている
  • たくさん水を飲む

などの行動が見られたら「「暑い!」」
という合図ですね。

特にパンティングは人だと汗が出ているような状態なので
できるだけ冷やしてあげないと
熱中症になる可能性もあります。

熱中症予防ももちろんですが、
犬にとって暑すぎない場所は
ストレスのたまりにくい環境と言えるので
暑さを感じていないかしっかり見極めてあげましょう。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

16 : 08 : 45 | 犬の健康管理 | コメント(0) | page top
“犬のための室温計”の置き場所の工夫
2016 / 05 / 31 ( Tue )
明日から6月!
比較的過ごしやすい季節から湿度の高い季節へ
徐々に切り替わっていきますね^^;

これからはわんこにとっては最も厳しい季節へとなっていきますので、
飼い主の皆さんはしっかりとわんこが暮らす室内の
温度・湿度管理をしていきましょう。

快適な温度・湿度で生活をするとわんこはストレスを感じにくく、
長生きにもつながります。

犬に最も快適な気温は22℃ぐらいで湿度は40~60%ぐらいと言われます。
(個体差、犬種差などあります。)

室温計は置く場所によって数字に差が出ます。

わんこが生活している高さに置いてあげることによって
最も正確な「わんこの暮らしている温度・湿度」がわかります。

クーラーや除湿なども向きを気にしてかけてあげると
よりわんこの暮らしている空間に効果が期待できそうですね。

エアコンの掃除や、衣替えなどをして
夏の準備に取り掛かりましょう♪

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬の健康管理 | コメント(6) | page top
| ホーム | 次のページ>>