ハイハイする赤ちゃんと犬の共生について
2017 / 03 / 10 ( Fri )
生後10カ月の女児 祖父母の飼う大型犬にかまれ死亡(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース

すごく痛ましく悲しい事件ですね・・・。
ご家族のことを考えると胸が本当に痛いです。
亡くなられた赤ちゃん、ご家族の皆様にお悔やみを申し上げます。

正直「この犬種ではあまり聞かない事故」というのが第一印象ですし、
多くの方がそう思ったのではないかと思います。

ニュースだけでは犬がどう飼われていたのかということは
わからないのでその点に関してはコメントは控えますが、
「ハイハイしている赤ちゃん」というのは犬にとっては
「人間と認識できない」可能性があります。

外に出ると子供には会いますが、
ハイハイしている子供というのは外にはいないので
多くの犬が犬生の中で「初めて見る」のではないでしょうか。

子犬の時から色々な所に出向いて学ぶ社会化でも
「ハイハイする赤ちゃん」を見る事はなかなかないのではないでしょうか?

特に飼い主さんの赤ちゃんではなく、飼い主さんの孫であれば
わんちゃん自身にとっては会う機会も少ないため
さらに「家族」の認識は低いかもしれません。

元々獲物として小動物に過剰に反応してしまうタイプのわんちゃんなどは
赤ちゃんに限らず猫などの小動物と同居すると
本能を刺激されてしまう場合があります。

そのため持っている本能が、ストレスなど色々な要因が重なって
突然出てしまうことはゼロではありません。

しつけをしていると犬は落ち着きを学ぶことができるので
その可能性は低くはなるのですが、
今回のような事故を防ぐためには、
ハイハイする赤ちゃんに慣れていない犬はゆっくり慣らすために
ケージに入れるなど対応した方が良いですね。

子供に対する認識は犬によって異なる


今回はゴールデンという温和で子供が好きなイメージのある犬種のため
衝撃も大きいのですが、犬種でも個体差があるので
すべてのゴールデンが温和で子供が好きという性格なわけではありません。

しつけや社会化、元々持っている性質で変わります。

もちろんその逆で子供が大好きで、自分の子供のように
一緒に寝たり、遊んでくれる犬もいます。

自分の飼っている犬がどういった性格で
小さな子にどういった反応をするか、
それをしっかり見極めたうえで、
飼い主さんが目を離さず見守ることがとても重要です。


しっかりとした管理や慣らすことが出来れば、共生は問題ありません。

ただどんな家庭でも起こる可能性はある事故ということは覚えておきましょう。
それが注意するという意識に繋がります。

「赤ちゃんに犬は危険」というイメージが付いて
飼っている犬を手放す、というようなことが増えないことを願います。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん
16 : 57 : 34 | 時事 | コメント(4) | page top
犬との散歩でのリードの意味を考えよう
2015 / 01 / 28 ( Wed )
先日のノーリードでの犬の咬傷事故

その記事へのコメントを見て
やはりお散歩でのご近所さんで
ノーリードにしている方がたくさんいることを知らされました。

犬をノーリードにする人の多くは
「自由に動けなくてかわいそう」
「リードがなくてもついてくるから大丈夫」
「誰にも迷惑をかけてない」

と思っています。

この主張はすべて周りのことは考えず、
ルールを守らない自分本位な主張であり、
犬が自由に動けないのがかわいそう、と言って
すべてを正当化しています。

自由にさせたいのであれば、
自然豊かなドッグランのある場所へ連れて行ってあげて
思いっきり走らせてあげればいいのです。

他の犬にも人にも、車や自転車にも迷惑がかかるような場所で
ノーリードにする意味が分かりません。
リードは
  • 犬を危険から守るためのもの
  • 手を繋いで子供と歩くようなもの
  • 他人を守るためのもの
です。

リードは犬と人を繋ぐ絆の一つでもあります。

リードから上手にメッセージを送ることだってできます。

リードは犬を縛り付けるわけではありません。

しっかりトレーニングして気持ちが通じ合えれば
リードをしているのにリードがついてないように
全く人が力をかけずに犬は側を歩いてくれるようになります。

「リードがなくてもついてくるから大丈夫」
よりも
「決められたルールを守って、愛犬の安全のためにリードを付けて、
でもリードの力にたよらずしっかり側について歩ける」

方がずっとかっこいいですね!

しつけのゲームの中でトイレットペーパーをリード代わりにして、
切れずにゴールすることが出来るか、というものがあります。

このレベルを目指して上手に人の側を歩けるようになるのが理想ですね^^

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん
17 : 00 : 00 | 時事 | コメント(10) | page top
ノーリードの飼い犬の起こした事故
2015 / 01 / 21 ( Wed )
マナーを守らない犬の飼い主が引き起こした
非常に痛ましいニュースを見つけました。

ひも放した飼い犬が女児の顔を噛み重傷負わす 容疑で飼い主の女逮捕(産経新聞)
大型犬のリードを放してその場を離れたという行動自体が
そもそも信じられないのですが、
さらに狂犬病の予防接種もしてしなかったというのに
ただただ唖然とするばかりです。

女の子の顔にけがを負わせてしまったというのが本当にいたたまれないです。
きっとこの子は今後犬がトラウマになってしまうと思います・・・。
犬好きの一人としてとても悲しいです。

結局のところこういったマナーもルールも守れない飼い主は
「自分の犬がそんなことをするはずがない」
「呼べば絶対に戻ってくる、自分の後ろをついてくる」と
なぜかポジティブに考えてしまっているのかなと思います。

私はどんなにしつけが出来ていても、
犬は絶対に噛まないことはないし、
呼んでも来ないこともあると思います。

予想が出来ない事態、というのは絶対にあるからです。

愛犬は人を噛んだことはもちろんありませんし、
呼んだらこちらへすぐに来ることが出来ます。

しかし、知らない人に暴力を加えられ続けたら噛むかもしれないし、
急に聞いたこともない大きな音が鳴ったり、
追いかけられたりしたら呼んでも来ない可能性もあります。

・・・と考えると世間をどれだけ疑ってみてるのか、と思われてしまいそうですが(笑
それぐらいネガティブに考えて、もしもの事故がないように防ぐのが
飼い主としての務めであり、愛犬を守れる方法だと思います。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。

Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん
17 : 00 : 00 | 時事 | コメント(12) | page top
室外犬の逃走防止について
2014 / 11 / 26 ( Wed )
先週のニュースですが、気になる記事がありましたので…

通学路の児童、泣き叫びパニックに 犬にかまれ7人けが 朝日新聞デジタル

急に自由になって、興奮状態になってしまったときに
犬にとって興奮を高める高い声を出すたくさんの子供を
見つけてしまったことから起きてしまった事故です。

飼い主のいない、制御のない、興奮・恐怖状態、という
特殊な状態なのでどんな子でも起こしてしまう可能性は
あると思います。

しつけをしている、普段はフレンドリー。
そういう子でもあり得るということですね。

結論どう予防すればいいかというと、
やはり「逃走防止」しかないと思います。

今回は室外犬のニュースでしたので、室外犬の逃走防止について
お話をしておきます。

  • 首輪の確認
  • 鎖の確認
  • 逃げられる箇所はないか確認
  • 危険犬種は適切な檻を使用しているか

首輪の確認


首輪の劣化で首輪が切れてしまったり、
首輪のサイズがあっておらず、緩すぎて抜けてしまう、
いわゆる首輪抜けを起こしてしまうことによる逃走が多いです。

首輪の確認は怠らないようにしましょう。

鎖の確認


こちらも首輪と同様劣化をしていると外れてしまうことがあります。

ナスカン部分の破損などもチェックしましょう。

長期の係留に向いていない素材のリード(布、ナイロンなど)の使用はやめます。

逃げられる箇所はないか確認


飛び越えられたり、穴を掘る可能性はないか、
犬の飼育環境を確認しましょう。

柵の中で離していたら柵を飛び越えたり、
地面が土の場合は穴を掘って外に出たという子もいます。

特に逃走癖の強い子はこれらの防止を全力で行う必要があります。
(野性味の強い犬種の方が逃走癖があるように感じます)

飛び越えられないように柵には高さと天井を付けたり、
地面は掘られないようにコンクリートにするなどの対策をします。

危険犬種は適切な檻を使用しているか


土佐犬などの危険犬種
飼育の際に原則檻飼いにするなど、条例によってはかなり厳しく定められています。

これはこれらの犬種が逃走した際に他の犬種よりも
大きな事故を引き起こす可能性があるからです。
(今年の4月にノーリードの土佐犬による死亡事故もありました)

これらの犬種を飼っている場合は逃走に関して特に注意をし、
人に危害を与えることがあるという自覚をもつことが重要です。

この自覚が犬を守ってあげることにつながります。

噛まれてしまった子供たちの傷と心の傷が早く回復して
犬のことを嫌いにならないでほしいと願うばかりです。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

16 : 43 : 13 | 時事 | コメント(10) | page top
犬と蚊とデング熱
2014 / 09 / 10 ( Wed )
最近は涼しくなってきて、秋の匂いを感じますね^^

私の住む地方では8月の終わりぐらいから
少しずつ涼しくなってきました。
これぐらいから涼しくなるのは最近あまりなかったので
また暑くなるのではないかと、ドキドキしてしまいます(笑

さて、世間を騒がせているデング熱ですが、
最近検索キーワードに「デング熱 犬」とあるので
犬にも感染するのか気になっている方も多いのかな?と思います。

特に犬を飼っている方は散歩で公園に行って
蚊に刺される機会が多いので、
知っておきたい情報ではありますよね。

犬と蚊とデング熱の関係


デング熱はデングウイルスを保有した蚊に刺されることで
発症する感染症で、高熱、頭痛、筋肉痛・発疹などの症状が出ます。
詳しくは>>東京都感染症予防センター

結論、デング熱は犬には感染しても発症はしません。

デング熱自体は哺乳類全般に感染しますが、
感染しても発症が見られるのは人と霊長類がほとんどだそうです。

ただ、デング熱ウイルスを持った蚊に犬が刺されて犬が感染し、
その犬の血を吸った蚊が人を刺すと、
デング熱を発症する可能性はあります。

蚊は今回デング熱関連で多く取り上げられていますが、
もともと多くの病気を媒介する非常に厄介な存在です。

また蚊が媒介する感染症で犬に関連する一番有名なものは
フィラリア症」があります。
犬に関してはこちらの予防を
蚊がいなくなる期間までしっかりとすることが重要です。

そもそもお散歩で外に出て蚊と接触する機会が多い
犬の飼い主さんは蚊の対策には
毎年気を使っていたと思いますので、
あまり怖がらずにいつもの様に予防対策をしていきましょう!

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

15 : 19 : 52 | 時事 | コメント(1) | page top
| ホーム | 次のページ>>