ハウス派orフリー派??犬のお留守番問題
2018 / 05 / 15 ( Tue )
20180512nicole_20180512160149434.jpg今回は私の愛犬の問題についてお話しします。

私事ですが、先月4年住んだ家を引っ越しました。(引っ越しの記事が続いたのはこのことから(笑)

引っ越しの環境変化による愛犬の体調やストレスを心配したのですが、体調を崩すことはなく、元気いっぱいに過ごしています。

ただ一つ、環境の変化の一つとして
「今までの生活圏では聞こえなかった音」に対して
音に敏感な愛犬がストレスを感じてしまいました。

愛犬は破裂音などがとても苦手なのですが、
  • 布団を叩く音
  • 壁を叩くような音

が突然鳴るとびっくりして寝ていても起きてそわそわし、
しばらくすると落ち着きます。

7才という年齢から慣れるには少し時間がかかりそうですが、
パニックにならずこの程度の行動で済んでいるので
普段は問題がなさそうです。

しかし問題なのが「ハウスでのお留守番」でした。

今まではクレート状のハウスでお留守番をしていたのですが、
上記の音を聞くとそわそわ落ち着きをなくし、
「ハウスから出たい」状態になります。

出れないことからストレス状態になり、
よだれや足を舐める行動が出てしまい、
私が帰宅すると口や足がぐちゃぐちゃに汚れている状態になりました。

これはものすごいストレス反応ですので
続けさせると確実に体調に影響が出ると判断をしました。

そのまま続けるとハウスに入るだけで
ストレス症状が出るようになる可能性もあります。

そこで短時間からのフリーお留守番(監視用カメラ付き)にしたところ、
落ち着いてお留守番できている様でしたので、
現在はフリーとハウスを兼ねています。

私自身ハウスでのお留守番はメリットがあると考えていますし、
犬自身にも問題がなかったので続けていましたが、
環境や犬の性格に合わせてお留守番の方法も決めるべきだと感じました。

ハウスやフリーという形にとらわれず、
その時々で「犬が落ち着ける場所でのお留守番」をさせてあげるのが一番いいですね。

もちろん犬によってはフリーがどうしてもNGな子もいますので、
その点もしっかり考えてお留守番環境を整えてあげたいですね。

以下にハウスでのお留守番の
メリットとデメリットを簡単に示しておきます。

ハウスでの留守番のメリット・デメリット


メリット
  • 留守番中の犬の行動を管理できる
  • 狭い場所で犬が落ち着ける
  • 誤飲を防げる
  • いたずらを防げる
  • 災害時に身を守りやすい

デメリット
  • 犬が他の場所に移動ができない
  • トイレの制限がある(クレートの場合)


誤飲をしてしまう犬、破壊をしてしまう犬、
トイレトレーニングができていない犬などは
ハウスでのお留守番が適しています。

犬の安全を守るという点でハウスは優れていますが、
今回のように「犬自身にとっての安全な場所がハウス以外にある」場合は、
適宜移動ができる方が犬にとって安心と言えます。

※フリーでのお留守番のメリットとデメリットは
ハウスでのメリットとデメリットの逆になるので省略します。

フリーのお留守番で問題を起こしてしまう犬は、
ハウスやサークルなどの一定の場所でのお留守番が適していますが、
フリーにしても問題を起こさない犬の場合は
状況に合わせてハウスやフリーを使い分け出来ます。

フリーでのお留守番の場合は、webカメラなどで
犬を見守れるとなお良いと思います。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 愛犬との日常 | コメント(6) | page top
犬がストレスで足を舐めてしまう場合の対処法
2017 / 08 / 15 ( Tue )
私の愛犬の話で恐縮なのですが、
ストレスにより足を舐める行動が出てしまいました;;

犬が足を舐めると指間炎などになってしまうため、
止めさせなくてはいけません。

今回愛犬が足を舐める行動の原因がストレスと分かっているのは
「留守番の様子を撮るために設置したカメラの音」
だと判明していたからです。(今は音を切っています)

カメラから頻繁に「カチッ」という音がしていたため、
そういう音に対して敏感な愛犬は、留守中安心することができず、
最終的に足を舐め、血が出て、ノイローゼのようになってしまいました。

起きてしまったことは仕方ないので、
ストレスで始めてしまった足舐め行動を止めさせる対処法として
以下のことを行いました。

ストレスの原因を見つける


まず、足を舐めているストレスの原因を見つけます。
  • 何か新しく生活環境に取り入れた物はないか?
  • 工事などいつもと違う音が鳴っていないか?
  • 食事、飲み水が足りなくないか?
などなど…。

小さな変化でも犬にとっては大きな変化の場合があります。
何か変わったことはないか?探してみてください。

原因を排除する


ストレスの原因が見つかったら、排除できる場合は排除します。

我が家の場合はカメラの音を切る設定に出来たため変更しました。

排除できない場合は、出来るだけ原因を遠ざける
(外の音であれば居場所を窓側から移動する)など
出来る限りの対応をしましょう。

舐めにくい状況にする


足を舐めていた状況と同じ状況に極力しないようにします。

我が家の場合はハウスでのお留守番の際に、
音が鳴り、パニックを起こして足を舐めることで
落ち着こうとした様子なので、現在お留守番はハウス使用ではなく、
サークルを使用しています。

人がいない時は止めさせることができませんので、
落ち着くまではこのような対応が良いでしょう。

足を舐めたら別の物で興味を引く


家でくつろいでいる時にも足を舐めることがあります。

これをそのまま続けさせてしまうと、何となく暇なときには
足を舐めるようになってしまうので、
足を舐めだしたらストレスを解消できる、引っ張りっこ用のロープなど、
別の物で興味を引きます。

癖にならないようにする


足舐め行動を確認したらとにかく癖にしないこと、
続けさせないこと、自然に無くしていくようにしましょう。

過度に叱ったり、原因を放置したりすると
癖が治らなくなってしまいます。


夏場は花火や雷の音、気温の上昇など
犬にとってストレスがかかりやすい時期です。

みなさんもどうぞお気をつけくださいませ。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 愛犬との日常 | コメント(6) | page top
季節の変わり目の体調不良
2016 / 09 / 28 ( Wed )
季節外れの残暑が続いています。
早く涼しい季節になって、思いっきりわんこと遊びたいですね。

実は先日愛犬が胃腸炎になり、血混じりの胃液を吐き続けました××
深夜だったので、朝一で病院に行って点滴と注射を打ってもらい
夕方には元気を取り戻しました(回復早い!

季節の変わり目や、環境の変化(先週まで私の実家にいました)で
おそらく体調を崩すかなと思っていたのですが、
思った以上に激しく崩してしまい、びっくりしました。
今は元気なので安心です^^

ところで吐きそうになったタイミング(うつむいて固まっている)で
ペットシーツに連れて行って吐かせるようにしていたところ
いつの間にか気持ち悪くなったら
ペットシーツに自分で行くようになっていました。
トイレトレーニング以外にも習慣付けられるんだな、と
ちょっと感心してしまいました。
飼い主としては処理がとても楽なので助かるのですが、
本当につらかったら気にしなくて吐いていいよ…;;
と健気な愛犬を見て複雑な気持ちになってしまいました。

皆様も気温の差や湿度の高さなどわんちゃんの体には
負担がかかることが沢山ですのでどうぞお気を付けくださいね!



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん
17 : 14 : 55 | 愛犬との日常 | コメント(4) | page top
愛犬の嬉しい時のボディランゲージ
2016 / 06 / 29 ( Wed )
20160629nicole.jpg犬の嬉しい時のボディランゲージといえば
「尻尾を振る」
ですが、嬉しさレベルによって尻尾を振る以外にも
色々とアピールしてきます。

私の愛犬は普段からあまり尻尾を振らないのですが、
ご飯やおもちゃなどの話をしていると
1ピコぐらい尻尾を振ってくれます(笑
※シュナウザーのしっぽは断尾して短いので
ピコピコ振るのです(笑※

ご飯の時は尻尾よりもくるくる回ったり
プレイバウのポーズなどして喜びアピールします。

人に対しては、
初めましての人に対しては
ほとんど尻尾を振らず、素っ気ないです。

しかし、2回目3回目と会う回数を重ねて、
たくさん撫でてくれたり、相手をしてくれたり、
一緒に過ごす時間が長かったりすると
出会った時に尻尾がピコピコフィーバーして
くるくる回ったりするようになります(笑

飼い主(私)に対しては
普段の仕事からの帰宅だと尻尾がピコピコ
体勢が低くなって、廊下を一往復走ります(笑

さらに実家に預けたりして
久しぶりに会うと尻尾が高速ピコピコして
くるくる回った挙句吠えます(笑

おそらくこれが“これ以上表現できない”という
彼女にとっての一番のうれしさアピールなんだと思います。

これだけ嬉しい!という気持ちをぶつけられてしまうと
飼主冥利に尽きますよね!

最大級のうれしさアピールは
他にも尻尾を回す子もいますし、
お腹を見せたり、ウレションしてしまう子もいて
その子によって様々です。

みなさんのお家のわんちゃんはどうですか?^-^

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 26 : 55 | 愛犬との日常 | コメント(2) | page top
怖がりな愛犬
2015 / 10 / 21 ( Wed )
成犬になってから今まで平気だったことにも
敏感に反応するようになることがあります。

>>成犬になってからのトラウマについて

今日は私の愛犬の話なのですが、
最近愛犬5才が何かとびっくりしやすくなってしまって、
まさにこの状況になっています(^^;

大きい音だと運動会の空砲、
小さい音だと夜お散歩中に小枝を踏んだ音など
瞬間的にビックリしてしまうようになりました。

空砲に慣らすのはちょっと難しいのと、
日常的にある音ではないので対処は出来るのですが、
小枝を踏んだ音にビックリして一瞬前に出るというのは
ちょっと直してあげたいところです。

原因を考えてみると日中には起きないので
周りが見えづらい夜で周りの音が静かなところに
急に音が鳴るのが怖いのかなと思います。

現状は小枝を踏んだ時前に一瞬飛び出てもすぐに落ち着く様に
ツイテと指示をかけて冷静になる様に対処しています。

小枝を踏んで音に慣らすというのもしていきたいのですが、
そういう時に限ってちゃんと音が出なかったり、小枝がなかったり(笑
夜じゃないとビックリしないというのもわかっているので
こちらも注意して歩いてあげようとは思います。

みなさんの愛犬も何かを急に怖がるようになってしまったら、
まずはどの環境で起きて、どう対処すれば落ち着けるか、
慣らすことが出来るか、出来なければ避けるように注意できるか・・
などちょっと落ち着いて打開策を考えてみてください。

おとなしい子や環境に対して繊細な子などは成犬になってから
こういうことが起きやすいように思います。
こういうタイプの子は子犬の時の社会化で出来るだけ間口を広げてあげると
極端な驚きは防げると思います。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 愛犬との日常 | コメント(2) | page top
| ホーム | 次のページ>>