愛犬のお散歩中の危険察知は飼い主さんが行おう!
2016 / 12 / 15 ( Thu )
先月のニュースですが、お散歩中に拾い食いをした犬が
亡くなったという悲しい事件がありました。

拾い食いしたものは毒入りの物でしたので
おそらく動物に対して何か嫌な思いをした人が
行ったことだと思います。

この件に対して色々な意見を見ました。

「無差別にこんなことを行うのは非常に許せない」
「拾い食いのしつけをしたら防げる」


などなど・・・

もちろん毒物を置いておくこと自体は絶対に許せないことです。

ただ、それだけ動物に対して悪意を持つようになったのは
動物を飼う側のマナーが原因のこともあるので
(家の壁を平気でトイレ代わりにされる、吠え声がうるさいなど)
動物嫌いの人がなぜ嫌いになったのか?
という事も考える必要はあるかと思います。

どんな犬も拾い食いはしつけで防げる?


さて、今回のお話の本題は
「拾い食いはしつけをしたら防げるか?」
ということです。

このブログでも何回か拾い食い防止方法というのは
お話をしてきています。

結論としてはすべての子が同じように“しつけ”だけで防ぐのは難しいです。

もちろんしっかりしつけをすれば拾い食いを防ぐことはできます。

ただ、すべての飼い主さんと犬が同じようにしつけができるのか?
というと話は別になります。

なぜかというと拾い食いは
犬の本能の中でも「生きる」為に行ってきた行動なので
防ぐのは難しい行動の一つでもあるからです。

特にその子が異常ににおい嗅ぎや食べ物に執着する子の場合、
一般の飼い主さんでは難しいことがあります。
(トレーナーや訓練士が介入すれば話は違いますが…)

ビーグルなどにおいを嗅ぐのが大好きな犬種や
脚が短くて地面に鼻や口が近づきやすい子は
治すのは難しいこともありますし、
(脚が短いと飼い主さんが拾い食いに気付きにくい)
反対に外では落ちている物に興味を持たない子もいます。

同じ犬でも個性がこれだけあります^^;

拾い食い防止には飼い主さんの管理がとても大事


結局のところ
  • 「飼い主さんが犬より早く危険な物を察知すること」
  • 「リードを短く持ち、においを常に嗅がせて歩かせないこと」

という飼い主さんの管理が最も重要だと思います。

私は散歩中数m先を見て、
後ろからは何か来ないか耳を集中させて歩いています。

この間は夜のお散歩で、小さな安全ピンが落ちているのを発見し
愛犬が踏むのを避けさせることが出来ました。

落ちている物は食べる以外にも踏みつけて危険なこともあります。

飼い主さんが怪しい物が落ちていないか危険を察知して避けてあげることは
一番確実に愛犬を守れる方法だと思います。

しつけと管理を上手に駆使して拾い食いをさせないようにお散歩していきましょう。

スマホを見ながら愛犬のお散歩をするなんてしないようにしましょうね!



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | お散歩 | コメント(10) | page top
花粉症が猛威を振るう季節~犬のお散歩の対策は万全に!~
2016 / 03 / 02 ( Wed )
3月に入り、少しずつ暖かくなってきましたね。

暖かくなると飛ぶのがスギ花粉。
花粉症の人にはとてもつらい時期です。

特に犬とのお散歩がつらくて出来なかったり、
お散歩から帰ってきた後もくしゃみが止まらなかったり
悩みが尽きないですよね。

すでに花粉症になっている方だけでなく、
花粉症になっていない方も予防として、
また、犬の花粉症の予防のためにも
花粉症対策をしっかりしてお散歩に出るようにしましょう。

散歩の時間や場所を変える


花粉の飛散が比較的少ない時間帯は早朝ですので、
お昼や夕方の散歩時間を変更し、早朝散歩にしてみましょう。

また、自然の多い場所よりは舗装された場所の方が
花粉の飛散は少ないため、散歩のルートを変更してみるのも
一つの手です。

服を着せる


花粉が飛散する時期に外を歩いていると
体に花粉が付着しますが、犬の被毛に着くととても厄介です。
毛の中に入り込んでしまうと落とすのが難しいですよね。

そのため少しでも落としやすくするために、
花粉の時期は犬に服を着せて玄関先で服の花粉を落としてから
家に入るようにしましょう。

ブラッシングをする


さらに散歩後のケアとしてブラッシングをして
付着した花粉を落としましょう。

家の中に少しでも持ち込んで付着しない様に、
いつものケアを念入りに行ってくださいね!

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | お散歩 | コメント(0) | page top
気分転換にもなる犬のにおい嗅ぎ行動
2016 / 01 / 20 ( Wed )
お散歩中犬がクンクン地面のにおいを嗅いで
その場から進まなくなることがありますよね。

ご存知の様に犬はにおいで多くの情報を得ている動物なので、
必死ににおいを嗅いでいます。

におい嗅ぎ行動はデメリットとして
  • 拾い食いの助長
  • 集中力の欠如
  • マーキングの助長
  • ひっぱりの助長

などがありますのでお散歩中ずっとさせるのは望ましくないのですが、
場所を決めてにおい嗅ぎをさせてあげることは
気分転換やストレス解消になります。

地面のにおいは情報発信ツール


地面のにおいは他の犬の情報がたくさんあるので、
つい必死に追ってしまうんですね。

人間の世界に例えて言うと
私たちがSNSやブログ等のツールを楽しく読み気分転換するように
犬もその情報を読んで足跡を付けて行きたくなるということです(笑

ただし読み過ぎてしまうと他の事に気が向かなくなってしまったり、
ところ構わずマーキングというコメントを付けてしまったりしてしまうので
場所や時間を決めて読ませてあげましょう。

におい嗅ぎは本能的な行動なので、
犬たちはやはり楽しいですし、生き生きしています。
特ににおいを嗅いで獲物を追うような仕事をしていた狩猟犬タイプの犬には
これとないご褒美にすらなります。

メリットとデメリットをしっかり理解して
上手ににおい嗅ぎの時間を作ってあげましょう♪



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | お散歩 | コメント(3) | page top
お散歩中に犬がリードを噛む場合の5つの対処法
2015 / 12 / 30 ( Wed )
お散歩中に犬がリードを噛む原因について前回お話しした続きで、
今回はその対処法になります。
  • リードを意識させない
  • リードを変える
  • リードを噛んだら放すことを指示する
  • ストレスなく歩かせてあげる
  • コミュニケーションをしっかり取る

これらを意識していくことで、徐々にリードに対して興味がなくなり、
普通に歩けるようになっていきます。

リードを意識させないこと


目の前でひらひらさせないるなど、
犬の注意を引くような長さで持つことは止めます。

長く持ちすぎず、短く持ちましょう。
まずは噛ませない状況を作ってしっかり歩けるようにします。

意識しなくなったらたるみをつけて歩き、
上手に歩けることを褒めてあげましょう。

リードを変える


長さによりどうしても噛んでしまう場合はリードを変えるのも一つの方法です。

短いリードであれば無駄なたるみが出来にくいので、
噛まれることがすくなくなります。

また、リードのナスカン側から犬の口が届く部分までが
チェーンになっているリードもあります。

こういったリードや、ビターアップルなど苦味のスプレーなどは
犬が噛むことにより「不快」を与えることが出来るので、
その行動自体を止めさせることが出来ます。

リードを噛んだら放すことを指示する


リードを噛んでしまったら、すぐに冷静に解除の指示を出して
リードを噛むことを瞬時にやめさせましょう。

普段の生活の中で口にくわえたものを放す「チョーダイ」等のコマンドを教えましょう。
指示を出して冷静にさせて、こちらにアイコンタクトを向けるなど、
集中をこちらに移します。

集中力が切れたらリードを噛んでくるような子は特にこういった対処をしましょう。

ストレスなく歩かせてあげる


日常的なストレスや、あまりに制限ばかりのお散歩がストレスになった場合などにも
リードを噛んで発散しようとすることが有ります。

こういった子の場合は、におい嗅ぎする時間などをお散歩の中で取り入れてあげたり、
首輪に負担がかからないような歩き方をしてあげたり、
緩急をつけたお散歩をするようにしてあげてください。

コミュニケーションをしっかり取る


普段のコミュニケーションが不足している場合は、
しっかりと遊びやトレーニングなどで犬と向き合ってあげます。

ストレスフリーにしてあげることで噛まなくなる場合もありますので、
普段の生活の中でストレスが溜まっていないか?
というのは常に考えてあげてください。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | お散歩 | コメント(0) | page top
お散歩中に犬がリードを噛む4つの原因
2015 / 12 / 23 ( Wed )
お散歩中に犬がリードを噛んでそのまま振り回したり、
引っ張っていくことがあります。

犬がこの行動を起こしてしまうと完全に犬のペースになってしまい、
お散歩どころじゃなくなってしまいますよね^^;

特にトレーニングをしっかりしていると
普段はトレーニングをしてしっかりと関係性が築けているはずなのに?
どうして?と思いますよね。

まずはどうして犬がリードを噛んで歩いてしまうのか原因を考えてみましょう。

  • 楽しい遊びだと思っているから
  • 外に出てテンションが上がっているから
  • ストレスが溜まっているから
  • 散歩に慣れていないから


楽しい遊びだと思っているから


まず、単純に犬は「ひっぱりっこ遊び」が大好きです。

仕留めた獲物を仲間同士で引っ張り合い奪い合うことが
犬の中には本能として組み込まれているため、
何かを咥えて引っ張ることを好みます。

リードを咥えてみたら飼い主さんはどういう反応をするでしょうか?
咥えられたリードを取り返そうとしますよね?
ここで遊びが成立してしまいます。

外に出てテンションが上がっているから


お外に出るとテンションは上がり犬は興奮しやすくなります。
リードを咥えて引っ張るとさらに楽しいので
より興奮し、それを止める飼い主さんの反応にさらに興奮し
段々とリードを噛んで引っ張ると楽しい=イイコトとなっていきます。

ストレスが溜まっているから


また、普段の遊びやコミュニケーションが不足している子、
厳しいトレーニングをし過ぎた子だと、
ストレスからこういった行動をしやすくなります。

散歩に慣れていないから


散歩自体に慣れていない場合はリードをされること自体に慣れていないので
リードを気にして噛むことがあります。


リードを散歩中に噛む行動は子犬や若犬の場合は散歩に慣れていなかったり、
エネルギーが有り余っていたりするため起きやすいことですが、
成犬の生活環境などから来るストレスが原因の場合は
それらを取り除いてあげる必要があります。

次回はリードを噛む場合の対処法をお話しします。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | お散歩 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>