なかなかトイレを覚えない犬の改善法
2010 / 10 / 29 ( Fri )
toire.jpgさて、わんこと暮らしていく上で重要なのはトイレのしつけですよね。

「子犬時代に苦労したけど、何ヶ月かで覚えてくれた

という方が多数なのですが

中には

「大きくなったら覚えるだろうと思ったのに、成犬になってもトイレを失敗する

という子もいます。

トイレトレーニングの方法を把握し、
タイミング良く教えているのに失敗している子と言うのは、
やはり褒め方や環境に原因がある場合がほとんどです。

下記のことをもう一度確認して再トイレトレーニングを行ってみましょう。

  • その子に合ったトイレを使っているか
  • トイレの場所は適切か
  • トイレは清潔に保たれているか
  • トイレの後にしっかりと褒めているか

その子に合ったトイレを使っているか


どんなにトイレを覚えさせようとしても、
トイレの環境がその子に合っていなければ意味がありません。

体の大きさに合ったトイレを使っていますか?
大きな体なのに小さなペットシーツではみ出てしまっていることもあります。

足をあげておしっこをしていませんか?
男の子で足をあげておしっこをするようになったら
壁の方にかかってしまうこともあります。

この場合は男の子用のL字型トイレがありますので、
そちらを使ってみると良いでしょう。

トイレの場所は適切か


トイレはどこに置いているでしょうか?
臭うからと言ってお風呂場や玄関などではないですか?

トイレの場所はどこでも良いのですが、
それはトイレを覚えた子に限ります。

わんこは「トイレ」だから排泄をしているわけではなく
「褒めてもらえるから」トイレに排泄をしています。

ご家族が集まるのはどこでしょうか?
リビングが一番多いですよね。
リビングでは褒めてもらえる確率は高いですが、
離れた場所では褒めてもらえる確率は低いです。

ということは、人があまり来ない場所というのは
トイレを覚えにくい場所であると言えますね。

ただ、中には叱られたことにより、トイレをこそこそと飼い主さんに
見られない場所でする子もいます。

こういった子が一番厄介です。
「トイレに排泄したら褒めてもらえる」
ということを教え直してください。

トイレのタイミングを掴んだら
ペットシーツを敷いたサークルにわんこを入れて
少し離れたところから見守り、排泄をしたら冷静に褒めてあげましょう。

場所を変えたい場合はトイレを覚えてから
少しずつ動かしていき、目的の場所に設置するようにします。

トイレは清潔に保たれているか


わんこはキレイ好きな動物ですので、
トイレが汚れているときは排泄したがらない場合があります。

これは個体差があるのですが、
一回おしっこをしただけでもうそのシートには排泄しないという子や
何回か排泄をしたシートでも問題なくできる子もいます。

前者のタイプで失敗している子は
シートを交換するだけでトイレの成功率が上がることもあります。

ご愛犬がどんな性格の子かよく観察してみてください。

トイレの後にしっかり褒めているか


トイレの後にわんこを褒めるという行為は
わんこがトイレに行くのを強化します。

8割ぐらい出来てくると段々と褒めるのも
少なくなってきてしまうんじゃないでしょうか。

しかし残りの2割が失敗している状況なので
まだまだ褒めまくって強化する必要があります!

強化されてトイレの成功率が100%になると、
トイレで褒められるから排泄をしていたのが、
やがてトイレで排泄することが習慣になります。

こうなったら徐々に「褒め言葉+おやつ」だったのを
褒め言葉だけにして言ったり、
ときどきおやつをあげるようにしたりと
ランダムにしていきます。

最終的には習慣になるので褒めずともトイレが出来ていくわけです。
ただし、わんこの心情的には褒められたいので
時々は褒めてあげてくださいね^^

いかがでしょうか?
思い当たる節はありましたか?(笑

トイレトレーニングはタイミング、環境、褒めることが大事です。
あきらめてしまった方はこの機会にぜひ際トレーニングをしてみてくださいね!



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

10 : 10 : 00 | トイレトレーニング | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
| ホーム | 次のページ>>