犬と猫の共同生活における遊び方の工夫
2011 / 11 / 30 ( Wed )
inuneko.jpg犬と猫、一緒に飼育していると困るのが遊び。

我が家では犬と猫を一緒に飼育していますが、
猫に投げたおもちゃを犬が取ってきてしまったり、
犬に投げたおもちゃを猫が取ってしまったりと、
同じスペースにいるとなかなか個別で
満足に遊んであげることが出来ません。

犬が楽しそうに投げたおもちゃを追いかけるので
ついつい犬贔屓になってしまって
猫とはあまり遊ばなくなっていた事に気付き、
これではいけないと思いました。

どちらかをケージに入れてしまえば良いのですが、
ケージに入れると双方とても恨めしそうな顔をしているので
何とか双方楽しめる遊びを考えてあげたいと思っていました。

そこで考えたのが猫の遊びと犬のトレーニングを組み合わせた遊びです。

猫の遊びを誘惑にするトレーニング


遊びの名称を思い付かなかったのでそのままですが(笑

猫の遊びをそのまま犬のトレーニングの誘惑として扱ってしまうのです。

犬は猫と違い、しっかりと人の指示を聞いて待つことが出来ます。

なので、ここは犬はトレーニングの場、猫は遊びの場として考えるのです。

犬は待つことで
  • 激しい誘惑の中、マテが強化できる
  • しっかり待つことが出来れば美味しいおやつがもらえる
  • 最終的にはおもちゃももらえる
というようなメリットがあります。

猫は
  • 犬にペースを乱されることなく、マイペースに遊ぶことが出来る
というようなメリットがあります。

遊び方は
  1. 犬にマテをかけて、猫におもちゃを投げる
  2. 誘惑に負けず待てていた犬におやつをあげる
  3. 何回か繰り返し、猫が満足したらマテを解除しておもちゃで遊んであげる
一見遊べない犬がかわいそうと思ってしまいますが
どんな誘惑があっても我慢できる事、というのは
家庭犬として大事なこと。

猫と一緒におもちゃを追いかけてしまうようなら、
まだまだマテの完成度が低いということがわかります。

また、猫におもちゃが行くたびに自分はおやつがもらえるとなると
待つのも良いことだと納得出来てしまうのです^^

猫が満足に遊び終えたら解除をしてあげておもちゃで遊んであげます。
この時おもちゃを投げると猫も興奮してしまうので
引っ張りっこ遊びなどに留めてあげます。

両者がとても納得できる形になりますね。

もちろん別の部屋にいる場合や側にいない場合は
個別でいつもどおりに遊んであげます。

いかがでしょうか?^^
猫の遊びも犬の誘惑トレーニングの一環に取り入れてみるのも面白いですよ♪

・・・と考えると犬にとってはやっぱり遊びじゃなくて
トレーニングよりになっていますけどね(笑



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

12 : 00 : 54 | 犬との生活 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>