愛犬がお留守番を好きになる!コングを利用した楽しいお留守番の方法
2012 / 05 / 31 ( Thu )
お留守番が苦手な犬というのは多いですが、
苦手なお留守番を楽しくして克服しようという方法があります。

犬はお留守番開始から30分ごろまでの間が一番不安になります。
逆にその時間を越えれば不安な気持ちは半減して落ちつけます。

その30分をコングで紛らわして過してしまおうというのが
今回の作戦です。

今回はコングを使う方法ですが、お留守番に関してはこのような原因や
対策が出来るのでこちらの記事もぜひご参照ください。
>>犬がお留守番を苦手になる理由
>>犬にお留守番を上手にさせる5つの方法

コングを上手に利用してお留守番を楽しくする方法はこちらです。
  • 普段からコングに慣らしておく(コングの良さを教えておく)
  • コングの詰め方の工夫


普段からコングに慣らしておく(コングの良さを教えておく)


コングは犬にとって素晴らしい物と覚えさせないと、
お留守番の時に効果を発揮しない事があります。

例えば普段与えている時に特に面白くないものとイメージ付けてしまうと
お留守番で飼い主さんがいなくなってしまうという悲しい出来事に
コングの力で勝つ事が出来ません。

そのため、普段からコングは魅力的なものだと教えていきましょう。

コングには普段与えない様なおやつを詰めたり、
取り出しにくくして犬を夢中にさせます。

例えば飼い主さんが部屋を離れる時(隣りの部屋に行くとき)などに
とっておきのコングを与えます。

甘えん坊さんにはお留守番の前段階として
「一匹でいること」に慣らす必要があります。

そのため一匹でいる時にはとっておきのコングがもらえると
家の中にいる時から練習しておきます。

こうするとコングにも慣らすことが出来ますね。

コングがとても楽しい物で、
飼い主さんがいても不安を解消できるようになってきたら
お留守番時に与えてみます。

お留守番の時間は最初は短くしましょう。

そして徐々にコングはお留守番の時だけ与えていくようにします。

すると
「お留守番の時だけあの楽しいコングがもらえる!」
と思うようになりますので
お留守番が犬にとって苦痛な物ではなくなっていきます。

コングがいつも貰えると思ってしまうと飽きてしまうことがありますし、
だからと言って普段使わな過ぎても、
実際のお留守番で楽しみ方がわからなくなってしまうので
上手く加減が出来ると良いですね。

コングの詰め方の工夫


kong.jpg“暑い時期のコングの上手な使い方”
でもお話ししたように、コングの詰め方を工夫することで
犬のコングへの執着心はかなり変わります。

ポイントは「ぎゅうぎゅうに詰めること」です。

オススメの材料は
  • ふやかしたドライフード
  • ペースト
  • 凍らせたスープ
  • クッキー
などです。

中心にクッキーなど嗜好性の高い犬のおやつを入れて
周りの隙間を埋めていくようにします。

ふやかしたフードはコングを隙間なく埋めるのに非常に役に立ちます。
コング用のペーストやムースなども良いです。

ドライフードは転がすとすぐに出てきてしまうので、
ふやかしたドライフードを使用します。

ぎゅうぎゅうに詰めたコングはぺろぺろと30分かけて食べ終えて
その頃には精神的に落ち着いて寝てしまうでしょう。

ぜひ試してみてください^^

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。




Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

15 : 09 : 13 | しつけ全般 | コメント(13) | page top
| ホーム | 次のページ>>