大型犬は要注意の病気、犬の骨肉腫について
2012 / 10 / 30 ( Tue )
大型犬は体重が重いため、足への負担が大きくなりがちです。
そのため飼い主さんは愛犬の足の健康について
とても気にかけていると思います。

中でも大型犬の飼い主さんが気にかけている病気の一つに
「犬の骨肉腫」があります。

犬の骨肉腫とは


kotunikusyu.jpg犬の骨肉腫はその名の通り犬の骨に出来る悪性腫瘍です。
病気の特徴の一つとして大型犬に非常に多く見られ、
中型犬、小型犬の八倍程の発症率とさえいわれます。

一度発症すると転移する確率も非常に高く
死亡率の高い怖い病気です。

発症部位は四肢が最も多いですが、アゴなどにも発症することがあります。

犬の骨肉腫の症状


骨肉腫になると
  • 足を引きずって歩く
  • 足(主に手首の上部分)が腫れる
  • 足に触れると痛がる
等の症状が出ます。

痛みを感じる程症状が進んでいる場合、
その後の進行はすごく早く、
その時点で肺に転移していることもあります。

肺に転移し、腫瘍が大きくなると、
呼吸不全を引き起こし死に至ります。

犬の骨肉腫になりやすい犬種


老齢の大型犬に特に発症が多く見られますが、
若年例の犬にも発症することがあります。

などの大型犬は注意が必要です。

犬の骨肉腫の治療


犬の骨肉腫の有効な治療法は外科手術で腫瘍のある足を切断し、
転移、再発を防ぐために抗がん剤の投与を行う方法が一般的です。

足の切断は飼い主さんにとっては辛い選択ですが、
骨肉腫自体が大変な痛みを伴うため、
断脚することで転移を防ぐ他に痛みの緩和が期待できるので
犬にとっては生活が楽になります。

早期発見の場合は断脚手術を行わない治療も選択できます。

犬の骨肉腫の予防


骨肉腫の予防は困難とされています。

そのため大型犬で老齢になってきたら歩行のチェックを欠かさないようにし、
早期発見、早期治療が最大の予防となります。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

16 : 04 : 17 | 犬の健康管理 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>