足回りのお手入れが苦手な犬への必勝法
2012 / 12 / 26 ( Wed )
足回りのお手入れ、爪切り足拭きなどは
犬たちにとって苦手なお手入れの一つになります。

何故かというと、足先というの犬の弱点となるため
強く握られたり、触られたり、
血管の通っている爪を切られるということに対して
敏感に反応します。

もともと足回りに対して敏感な反応をしない子もいたり、
子犬の時から慣らすことによって
多少苦手意識を克服して、
上手にお手入れさせてくれるようになる子もいます。

しかし逆にどうしてもさせてくれなくなってしまったという子も・・・。

日常のお手入れなのでどうにかこなしたいところですが
どうしようもない!!!暴れるわんこを押さえてくれる人もいない!!
そんな時に使える裏技的な必勝法をお話します。

  • サークルとコングを利用する
  • 濡らした大きなバスタオルを利用する

サークルとコングを利用する


asihuki2.jpgまず、サークルとコングを用意します。

コングには奥の方にチーズを詰めておきましょう。

そのコングをサークルの網目に挟みます。

コングに犬が夢中になっている時に
足を拭いたり、爪切りをするようにしましょう。

注意点としてはコングが抜けないように気を付ける事。
コングに短時間しか集中しない場合は
お手入れも足一本などにして頑張りすぎないようにします。

この方法は一人でも出来る、犬に負担をかけず
犬にとって嬉しいことがある、ということで
双方にとても良い方法ですね。

濡らした大きなバスタオルを利用する


こちらは足拭きという最も日常的にしなくてはいけないことを
上記の方法でもどうしてもできないというような
ツワモノ犬へオススメの方法です^^;

大きなバスタオルを濡らしてその上を歩かせます。
そして、乾いたタオルの上を歩かせます。

すると足の裏が手で擦る程しっかりとではないですが
拭くことが出来ます。

あとは「口輪」を利用したお手入れ方法もありますが、
口輪についてはまた別途お話します。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

14 : 26 : 14 | 犬のお手入れ | コメント(4) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>