季節の変わり目、愛犬の体調管理に注意しよう
2013 / 05 / 30 ( Thu )
まだ6月になっていませんが、
日本列島が続々早い梅雨入りをしていっています。

春から梅雨を経て夏へ…まさに季節の変わり目と呼ばれる時期ですが、
この時期は犬が体調を崩しやすい時期でもあります。

梅雨の健康管理についてはこちらの記事もご参照ください。
梅雨の犬の健康管理について~4つのことに注意しよう~

先日私の愛犬(ミニチュア・シュナウザー)も腹痛を起こして
体調を崩してしまいました。
  • ご飯を残す
  • その場から動かず元気がない
  • 尻尾が下がっている
  • 伏せたまま動こうとしない
  • お腹がキュルキュル鳴っている
等から腹痛と判断、どうしてこの腹痛が起きているのか
原因がわからないので病院に行きました。

結果的に腸内細菌のバランスが崩れて腹痛を起こしていたとのこと。

季節の変わり目と言う気候と
いくつかのきっかけが重なったのが
原因ではないかと診断されました。

原因と言われたのがこの二つです。
  • 新しい食べ物を与えた事
  • トリミングによる疲れやストレス

食べ物に気を付ける


普段食べ慣れない食べ物を食べる事で疲れていた体に
刺激を与えてしまう事もあります。

油分の強い物を分解しにくい体質の子は
脂っこい物がきっかけで体調を崩す事もあります。
(特にミニチュアシュナウザーは遺伝的にこの傾向が強いです)

人間の食べ物をきっかけに腹痛を起こしてしまう事も。
また、食べ物も傷みやすい時期です。

与える食べ物には十分に気をつけましょう。

疲れやストレスに気を付ける


トリミングをしたり、新しい環境に行ったりすると
犬はストレスを感じます。

こういったストレスがきっかけとなって
体調を崩すこともあり得るので
十分に休ませてあげたり、気分転換させてあげましょう。

体調を崩すきっかけは意外に身近に潜んでいることを実感し
より注意してあげなくてはいけないと思いました。

今回の様に体調を崩すまで行かなくとも疲れがたまりやすい時期です。

また持病を持っている子はその病気が悪化したりもしやすくなります。

普段と変わった様子が見られたら病院に連れて行くようにしましょう。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

15 : 17 : 29 | その他 | コメント(14) | page top
| ホーム | 次のページ>>