成犬からのしつけトレーニングが難しいと言われる3つの理由
2014 / 02 / 27 ( Thu )
よく「成犬になったらもうしつけは無理」と言われる方がいます。

結論から言うと、決して無理ではないです。
ただ子犬と比べると成犬のしつけやトレーニングが難しくはなります。

トレーナーのトレーニングを受け入れる犬の月齢に成犬は要相談と
書かれていることもありますね。

理由は細かくありますが大きくまとめてみると
下記の3つがあげられます。
  • 成犬は子犬より柔軟性が低くなる
  • 問題行動が長期間習慣化している
  • 成長と共にトイレトレーニングが難しくなる

成犬は子犬より柔軟性が低くなる


子犬はまっさらで例えるならスポンジみたいな吸収力と柔軟性を持っています。

逆に成犬はある程度の自我や習慣が出来ているので、
今までの習慣を変えるような事を覚えるのは苦手です。

新しい動作を教えること等に関してはどちらも変わらないですが
(落ち着きがある分成犬のが教えやすいことも)
習慣を変えるトレーニングは、根気が必要になる事が多いです。

また、子犬の社会化の時期は警戒心が少なく、
社会性を身に付けるのに適していますが
成犬になると警戒心の方が強く出るようになるため、
社会性を身に付けるのは子犬より根気がいるようになります。

問題行動が長期間習慣化している


噛んだり吠えたりの問題行動は、飼い主さんとの長年の関係による積み重ねもあり、
子犬の時のような軽い物ではなく、大きく改善しにくい物になります。

長年そのような犬と付き合ってきた飼い主さんの意識を変えるのも難しいので、
成犬の問題行動の改善は一層難しくなります。

なので、吠えや噛み等の人に迷惑のかかる問題行動が出たら
子犬の段階ですぐにトレーナーに相談するのがベストとされます。
(出る前からトレーニングは始めるのが一番ですが^^;)

子犬は問題行動が出ないように予防も兼ねてのトレーニングになりますが、
成犬は問題行動が出てから再トレーニングをする形が多いので
どちらが難しいか?と考えるとやはり成犬の再トレーニングになります。

成長と共にトイレトレーニングが難しくなる


犬の困っている行動ベスト3に入るのが吠えと噛みの他にトイレ問題があります。

排泄は生理現象の為吠えや噛みとは違う問題の難しさも抱えています。

子犬の時は排泄感覚が短いため、排泄回数が多く、
そのためトイレを教えられる回数も多いのですが、
成犬になるとある程度我慢が出来てしまうため
トイレを教えるのが難しくなります。

また、子犬の時はみんな室内でのトイレしかないので室内での排泄を覚えますが
成犬になると外でもするようになり、そこで外での排泄が習慣化してしまうと
今度は室内でのトイレに戻すのが難しくなります。

難しい難しいってじゃあ一体どうすればいいんだ!?
と思ってしまいますが、成犬からのトレーニングも可能です。

難しいけど、無理ではないですよ!^^

次回は成犬のトレーニングのコツについてお話します。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

14 : 55 : 00 | 犬との生活 | コメント(4) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>