幼児と小型犬一触即発!?
2014 / 03 / 28 ( Fri )
この間の三連休の時に実家に帰り、
愛犬と2歳の甥っ子が久しぶりに対面しました。

愛犬は甥っ子が生まれたときから知っているので
怖がることはないのですが(猫は怖がって距離を取ります笑)
その怖がらなさが今回ちょっとした事故を引き起こしました><;

2歳児ともなると走り回るのが楽しくなってくる頃で、
今までよりも動きが活発になるのに周りが見えなくなっているので
ヨチヨチ歩きから歩き始めよりも危険なことがあります。

今まで踏まれることがなかったので近くにいた愛犬ですが
動き回る甥っ子にかなり力強く踏まれてしまいました;;

愛犬もこれはまったくの不意打ちだったようで
あまりの痛さに「ガウッ」と一瞬歯を剥いていました。

人に対して唸ることのない、噛んだことのない愛犬なので
私もびっくりしたのですが、愛犬自身も痛かったのと
自分のしてしまった行動にショックを受けたのか
すごく落ち込んでいて、甥っ子に対して
距離を取るようになっていました^^;

我家の場合はガウッで済んだのですが(甥っ子にも愛犬にも怪我なし)
これ一歩間違えるとどちらも心に傷を受けかねない自体です。

大型犬だったらこれぐらい踏まれても気にしないよ~
という子もいるのですが、
小型犬だと精神的にも肉体的にも
かなりのダメージになることもあります。

幼児も噛まれたら怪我をしてしまいますし、
犬に対して恐怖心を持つようになってしまいます。

「慣れている」からこそ大人が気をつけて
見てあげなくてはいけないなと反省しました。

20140328nicole2.jpg
甥っ子からおやつをもらって、
とりあえずは仲直りをして終了しました(^^)

皆様も小さい子と小さいわんこの接触にはお気をつけくださいませ!


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

15 : 53 : 18 | 愛犬との日常 | コメント(4) | page top
| ホーム | 次のページ>>