犬の嬉しい時の色々な感情表現
2014 / 04 / 25 ( Fri )
犬の感情表現を表す方法と言ったら「尻尾を振る」が有名ですね。

うれしい時には尻尾をブンブン!!

多くの人がそう思っています。

犬は嬉しい時に尻尾振る。

これは事実なのですが、
中には嬉しくても尻尾をそんなに振らない犬もいるんです。

・・・まさにうちの愛犬がそうなのですが(笑)
いつもキョトンとした顔をしてて、そんなに尻尾を振らないです。
ブンブン振る(といってもブンブンまでいかない)のは
私の帰宅時ぐらいです。

尻尾が断尾されているから??とか原因も考えてみたのですが
断尾されてる尻尾でもものすごく振る子もいます。

声をかけただけですぐに尻尾を振ってしまう子もいます。
でもちょっとしたことでは尻尾を振らないクールな子もいるわけです。

特に他人にはあまり尻尾を振らないって子もいますね。
(それこそ飼い主さんにしか振らないって子は
飼い主さん的には嬉しいものですが(笑)

尻尾をあまり振らない子を飼っていると、
この子は自分といることが楽しくないんじゃないか…
って落ち込んでしまうことも有りますよね。

でも安心してください!
尻尾を振っていないからといって喜んでいないわけではなく
別の行動でアピールしたりしているんです。

感情表現にも結構個性が現れるみたいなんですね。

喜びの感情表現の個性


例えば犬が最も嬉しい瞬間「飼い主さんの帰宅」を見ると
尻尾をブンブン振るというお決まりの喜びの表現の他に
  • 走り回る
  • くるくる回る
  • 耳を下げて口角を下げる
  • 口を舐める
  • 鼻息を荒くする
  • 甲高い声を上げる
  • 2足で立ち上がる
  • 体当りしてくる
  • 嬉ションする
  • お腹を見せる
  • おもちゃを咥えてくる
などなど体全体でアピールすることがあります。

いくつか問題行動が紛れていますが(笑)

尻尾を振る以外にも表情や行動で嬉しさを表しているんですね。

基本的にどの犬も「嬉しい時に尻尾を振る」んですが、
その振り幅は個体差があるということです。

尻尾で喜びを表現するのがちょっと不器用な子は
体いっぱいで飼い主さんのことが大好きだーとアピールする。

普段クールな子がここまでアピールしてくると
たまらないものが有りますよね。

全国の尻尾をあまり振らない子を飼っている方、
このギャップにメロメロではないでしょうか?(笑

もちろんいつも感情爆発!
尻尾ブンブンなまさにわんこ!って子も
とてもカワイイです!

このわかりやすい感情表現も
犬の魅力の一つですね(*^▽^*)

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

15 : 15 : 15 | 犬との生活 | コメント(4) | page top
| ホーム | 次のページ>>