犬の血統書の名義変更について
2014 / 10 / 28 ( Tue )
純血犬をペットショップやブリーダーさんから購入した場合、
JKC血統書(血統証明証)がついてきます。
(今回はJKCの血統書に関してのみの話とします)

その血統書を受け取った際に
血統書の名義変更とJKCへの入会の案内を受けることがありますが、
これに関して一般の飼い主さんは
どんな意味があるのかわからないと思います。

今回はちょっとした豆知識として血統書の名義とJKCの会員についてお話します。

名義変更に関して


血統書に記載されている所有者の項目は「繁殖者」となっているため、
この名義を変更して、所有者を飼い主さんの名義にすることを言います。

名義の変更はJKCのドッグショーや競技会への参加、
ブリーディングをする際などには
所有者を飼い主にしなくてはならないため、必要となりますが
これらを行わない一般の飼い主さんは特にする必要はないものです。

血統書の所有者に自分の名前を記載したい場合、
JKCの主催するイベント関連に参加したい場合は行いましょう。
(変更には料金がかかります)

JKCの会員登録に関して


名義の変更を行う際にはJKCのクラブ会員になる必用があるため
必然的にJKCの会員になる必要があります。

名義変更をする以外にJKCの会員になるメリットとしては
  • JKC関連のイベントに参加できる
  • 犬に関する情報記載の会報が送られてくる
  • JKCの資格を受けられる
などがあります。

こちらも入会費、年会費がかかるので
入会に関しては必要であれば行う、という形になります。

犬を飼って登録をしなくてはならない(義務)のは
畜犬登録と狂犬病予防接種であり、名義変更は義務ではありません。

しつけ関連のお話だとJKCの競技会に参加する際には
これらを行っておかないと参加することが出来ないので
将来的に競技会に参加してみたいという方は
あらかじめ登録をしておきましょう!



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

15 : 14 : 14 | 雑学 | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>