犬が咳をしたら…考えられる病気について
2015 / 03 / 25 ( Wed )
こんにちは。珍しく風邪をひいてしまいゲホゲホと咳が止まらないmegです
季節の変わり目ですのでみなさまもどうぞお気を付けくださいね。

さて、今回はこの「咳」のお話です。
犬も人間と同様「咳」をします。

犬の咳は人の「ゲホン!」というような音ではなく、
「ぜーぜー」「げっげっ」というような音です。

くしゃみと同様気道に入った異物や細菌などを取り除くために
行う行為ですが、頻繁に続いたりその他に気になる症状も見られたら
重篤な病気の可能性があります。

咳の症状が見られる病気


咳の症状が見られる病気は以下のようなものがあります。
  • ケンネルコフ
  • アレルギー
  • フィラリア症などの寄生虫
  • 犬ジステンパー
  • 心臓病
  • 気管虚脱
  • 肺腫瘍
  • 肺炎

細菌やウイルス、寄生虫などが原因で起こすものもあれば、
臓器自体の異常、腫瘍が原因で起きることもあります。

特に心臓疾患や腫瘍は高齢の犬に起きやすく、
早期発見がそのまま延命につながることが多いです。

たかが咳と侮らず、すぐに収まらなければ
獣医さんに診断を受けるようにしましょう。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬の健康管理 | コメント(4) | page top
| ホーム | 次のページ>>