犬用の靴や靴下のメリットについて
2015 / 06 / 24 ( Wed )
お散歩中やテレビなどで靴を履いている犬を見たことはありますか?

「犬は裸足で歩くのが自然だからかわいそう・・・」
「過保護なのでは?」

などと思う方もいると思いますが、靴を履いている子は
理由があって履いていることが多いです。

今回は犬用の靴を犬に履かせるメリットについてお話しします。
  • 足を保護できる
  • アレルギー対策
  • 足腰の弱った高齢犬に
  • ケガや術後の犬に

足を保護できる


まず一番大きい理由は「足の保護」ですね。
これは人と同じだと思います。
汚れを防ぐこともできますね。

特に災害救助犬などはがれきがある場所を歩かなくてはいけないため
足を保護するために靴を履くことが多くあります。

もし災害が起きた時は家庭犬も同じ状況を歩く可能性があるので
そういった面では役に立つと思います。

アレルギー対策


少しレアなケースですが草木に対してアレルギーを持つ犬がいます。

これらの犬は散歩をするだけでアレルギー反応により
脱毛してしまうということがありますが
靴を履くことにより快適にお散歩が出来るようになったようです。

足腰の弱った高齢犬に


足腰の弱った犬は踏ん張りがきかず、
滑って立ち上がれなくなってしまうことがあります。
そんなときに滑り止めのついている靴や靴下を履かせると
立ち上がる際の補助になります。

ケガや術後の犬に


ケガをしたり、足の手術をした後は患部を保護する必要があります。
安静にするといっても犬は動くので、結局傷口が開いてしまったり、
細菌が入ってしまったりしてしまいます。
そんな時に靴や靴下はかなり役に立ちます。

いかがでしょうか?
靴は服よりもさらに「ケア」としての観点が強いと思います。

続いての記事では犬用の靴の使用についての注意点についてお話しします。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬との生活 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>