子犬のお散歩デビューからの排泄変化について
2016 / 03 / 30 ( Wed )
皆様のお家のわんちゃんはお外での排泄と室内での排泄、
どちらを好みますか?

一般的に犬は寝床から離れた場所で排泄をする性質と
排泄物でマーキングを行う性質があるため
散歩に行くようになると外で排泄を行いやすい傾向にあります。

ただし、犬の中でも外では緊張してしまい排泄できない子や、
子犬の時は外でしないなど様々です。

トイレは外派になりやすい犬は…


  • 子犬の時から外で気にせず排泄をする犬
  • 排泄をする前に散歩に行き、外での排泄を習慣づけられた犬
  • 日本犬など原種に近い犬種
などがトイレは外派になりやすい傾向があります。

お散歩デビューした瞬間から周りを気にせず排泄するような子は
外で排泄を好みやすいと思います。

まさにうちの愛犬なのですが・・・(笑

この傾向が出てくると、室内で排泄する回数が少なくなってきます。

飼い主さんとしてはペットシーツの使用回数が減ったり、
トイレの失敗がなくなるため
飼い主さん的にはコスト的に助かったり、
上手くいっていなかったトイレトレーニングをしなくていいということで
そのまま外での排泄に移行してしまう方も多くいます。

が、この時にしっかり「室内での排泄」は習慣として
ぜひ残しておくようにしましょう。

朝起きたらまずペットシーツで排泄をさせてからお散歩に出かけたり、
排泄しやすい状況の時にはまずペットシーツへ行き、
排泄したらしっかり褒めてご褒美をあげるようにして
外での排泄とは違うイイコトがあるように覚えさせてあげてください。

散歩に行けない時や病気になってしまった時など
室内で排泄が出来るというのはとても犬にも飼い主にも
負担が少なく良い事です。

この変化を逃してしまい、完全外派になってしまうと、
室内での排泄をさせるのはかなり根気がいります。

お散歩デビューをしてからの愛犬の様子を見て、
トイレトレーニングの再強化をしていきましょう。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | トイレトレーニング | コメント(25) | page top
| ホーム | 次のページ>>