災害時の迷子予防の重要性について
2016 / 04 / 27 ( Wed )
地震の後パニックになり、
逃げだしてしまった犬や猫が多くいたとニュースで拝見しました。

離れ離れになてしまった子達が再び飼い主さんと
暮らすことが出来るよう、祈っています。

人間も経験したことのないような揺れが突然起きたら
ほとんどの子はパニック状態になります。
我家の愛犬なんてビビリなので、普段は言うことを聞いても
絶対にパニックになります。

割れた窓ガラスから逃げ出してしまった子も多くいたようです。

こうなってしまうと、トレーニング云々よりも
やはりはぐれてしまうことも前提で普段から
対処してあげないといけません。

すぐに出来ることの一つとして家の中でも
「首輪」と「迷子札」と「鑑札」を必ずつけましょう。

“家の中にいるから安心”ということはないのです。

迷子札には飼い主さんの電話番号などを記載しますが、
「犬の名前」もしっかり記載しましょう。

誰かに保護された時、
名前が判れば情報として飼い主さんにも
見つかりやすくなりますし、
犬にとって「名前」は飼い主さんから呼ばれて嬉しい物ですので
不安な時に名前を呼ばれたら少し落ち着けると思います。

犬は人と違ってしゃべることが出来ません。
名前も飼い主さんのことも知っていてもその情報を
聞き出すことはできません。

なので、そんな愛犬のためにもぜひ
迷子札を着ける様にしてあげてください。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん
続きを読む

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬との生活 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>