犬と猫のしつけ方法の違い
2017 / 01 / 15 ( Sun )
今回は犬と猫のお話です。

犬のしつけトレーニングとして最近の主流は
犬を褒めて伸ばしてあげる「陽性強化」のトレーニングですね。

シンプルに言うと

犬がした行動に対してご褒美を出すことにより
犬がその行動をすることが増える


というトレーニングです。

この陽性強化のトレーニングはどのような動物にも使えますし、
陽性強化を利用したクリッカートレーニング
イルカのトレーニングにも利用されます。

この陽性強化のトレーニングは犬にとても適しています。

※以下の文ではトレーニングは動作を教える、
しつけを人と生活するうえで必要なルールを教えることとして記載します。

陽性強化が犬のトレーニングに適している理由


その理由として
犬は人に褒められることが大好きで、
犬は“ご褒美”がわかりやすい
、というのが
挙げられます。

多くの犬は人とのコミュニケーションが好きで、
声をかけられたり、撫でられたりすることが大好きです。
また、ご褒美としてのおやつやおもちゃなどに対して
執着が強く、褒められてご褒美をもらえるということに対して
モチベーションが非常に高いです。

猫のしつけ・トレーニングは?


犬と並んで身近な動物である猫にも
ご褒美による陽性強化は可能ですが、
猫は犬よりもこれらへのモチベーションが低く、
あまり執着しません。(猫にもよりますが)

猫は「気まぐれ」なので何か動作を教えるトレーニングの場合は
猫の気持ちを考えて教えてあげる方が良いのでしょうね^^;

ですので、猫のしつけ(して欲しくない行動を止めさせる)に関しては
環境を整えてあげたり、天罰法を利用して猫自身に
「自分が行動して嫌なことがあったからもうその行動はしない」
ということを覚えてもらう方が効果的です。

(例:爪とぎを叱るよりも爪とぎ場を用意してあげる
例:飛び乗ってはいけないところに飛び乗ったら叱るより、
飛び乗った瞬間に物が落ちて来る天罰を起こす)

しつけでは犬のように声をかけたり撫でてあげて褒めることは猫にも有効ですが、
これも個体差があります(笑

褒めるしつけと叱るしつけ


褒めるしつけ以外にも叱るしつけが効果的なこともあります。

ただし叱るというしつけ方法は犬にとっても猫にとっても
タイミングや叱り方などで上手く伝わらないことが多いので、
(特に猫にとっては嫌なイメージ付けが先行して
逆効果になることが非常に高い)
こういった犬や猫の性質に合ったしつけ法を意識してみると
上手にしつけできるかもしれませんね^^



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | その他 | コメント(10) | page top
| ホーム |