ハイハイする赤ちゃんと犬の共生について
2017 / 03 / 10 ( Fri )
生後10カ月の女児 祖父母の飼う大型犬にかまれ死亡(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース

すごく痛ましく悲しい事件ですね・・・。
ご家族のことを考えると胸が本当に痛いです。
亡くなられた赤ちゃん、ご家族の皆様にお悔やみを申し上げます。

正直「この犬種ではあまり聞かない事故」というのが第一印象ですし、
多くの方がそう思ったのではないかと思います。

ニュースだけでは犬がどう飼われていたのかということは
わからないのでその点に関してはコメントは控えますが、
「ハイハイしている赤ちゃん」というのは犬にとっては
「人間と認識できない」可能性があります。

外に出ると子供には会いますが、
ハイハイしている子供というのは外にはいないので
多くの犬が犬生の中で「初めて見る」のではないでしょうか。

子犬の時から色々な所に出向いて学ぶ社会化でも
「ハイハイする赤ちゃん」を見る事はなかなかないのではないでしょうか?

特に飼い主さんの赤ちゃんではなく、飼い主さんの孫であれば
わんちゃん自身にとっては会う機会も少ないため
さらに「家族」の認識は低いかもしれません。

元々獲物として小動物に過剰に反応してしまうタイプのわんちゃんなどは
赤ちゃんに限らず猫などの小動物と同居すると
本能を刺激されてしまう場合があります。

そのため持っている本能が、ストレスなど色々な要因が重なって
突然出てしまうことはゼロではありません。

しつけをしていると犬は落ち着きを学ぶことができるので
その可能性は低くはなるのですが、
今回のような事故を防ぐためには、
ハイハイする赤ちゃんに慣れていない犬はゆっくり慣らすために
ケージに入れるなど対応した方が良いですね。

子供に対する認識は犬によって異なる


今回はゴールデンという温和で子供が好きなイメージのある犬種のため
衝撃も大きいのですが、犬種でも個体差があるので
すべてのゴールデンが温和で子供が好きという性格なわけではありません。

しつけや社会化、元々持っている性質で変わります。

もちろんその逆で子供が大好きで、自分の子供のように
一緒に寝たり、遊んでくれる犬もいます。

自分の飼っている犬がどういった性格で
小さな子にどういった反応をするか、
それをしっかり見極めたうえで、
飼い主さんが目を離さず見守ることがとても重要です。


しっかりとした管理や慣らすことが出来れば、共生は問題ありません。

ただどんな家庭でも起こる可能性はある事故ということは覚えておきましょう。
それが注意するという意識に繋がります。

「赤ちゃんに犬は危険」というイメージが付いて
飼っている犬を手放す、というようなことが増えないことを願います。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん
16 : 57 : 34 | 時事 | コメント(4) | page top
| ホーム |