におい嗅ぎ執着の犬に呼び戻しのおすすめ練習方法
2017 / 06 / 15 ( Thu )
さて、今回は前回の記事(ドッグランで“におい嗅ぎ”をする犬の理由とは)の続きです。

まず、ドッグランという場所は犬にとっては
「いつもと違う場所」であり、「慣れない場所」です。
そのため、普段ドッグランやフリーの状況に慣らせば緊張は少しずつ溶けていきます。

ドッグランが近くであれば、中に入らずに
周囲をお散歩しながら歩く事でも雰囲気に慣らす事は出来ます。

呼び戻しは「オイデ」「コイ」などのコマンドをかけたら
“一度でしっかり成功させる”ようにするのが重要です。

オイデはリードをつけてのオスワリなど犬が近くにいる状況ではないので、
一度失敗すると挽回がしづらく失敗を曖昧にしがちですよね。

違う場所では呼び戻しが出来る、という概念は捨てて
かなり低いレベルから練習をしていきましょう。

におい嗅ぎ執着の犬に呼び戻しのおすすめ練習方法


  • 飼い主さんの方から犬の視界に入るぐらい近くに行き、
    視線が合った時に呼ぶ
  • アイコンタクトできそうなら名前を呼んで集中を取る
  • おやつやおもちゃ使用可であればそれを使う
  • 飼い主さんが後ろに下がりながら呼び込む

などのレベルで練習をします。

それでも無理ならリードをつけて「逃走」させない状況で
呼んでみましょう。

ドッグランでも家でもどこでも
「呼んだら必ず来させる」ということを頭にしっかり入れて
練習をしていきましょう!

集中が飛んでいる状態で呼び戻すというのは難しいです。

ドッグランでも待たせて呼ぶ、という呼び戻しは出来るのに
フリー状態だと来れない子はいないでしょうか?

これは「集中」の差です。

今トレーニングをしています!という待たせてからの「オイデ」と、
今フリーでにおいを嗅いでいます!という状況からの「オイデ」では
飼い主さんへの犬の集中力が全然違います。

フリーでにおいを嗅いでいる子の集中は100%地面ですので(笑

そんな時利用したいのが名前を呼んでアイコンタクトを取ることです。

こうすると集中の切り替えができるので、
普段からアイコンタクトの練習は良くするようにします。

“名前で集中を取って、オイデで呼びこむ”

これを意識して練習していきましょう^^

飼い主さんが後ろに下がるように走りながら呼ぶことは
「動く物を追う」動物の習性を利用したテクニックになります。

オイデで愛犬が来てくれたら、そのまま終わりにせず、
走ってあげるなど、楽しい事を一緒にしましょうね^^

“におい嗅ぎよりも飼い主さんの側にいるのが一番楽しい”
と教えてあげる事がとっても重要です。

普段から「オイデ」という言葉への反応をよくしよう!


あとは普段のトレーニングで「オイデ」の言葉を、
大好きな言葉にしていきましょう。

どんな場所でも「オイデ」で来たらとにかく「ご褒美のおやつ」をあげます。
このご褒美はいつものおやつよりもさらに大好きな、
チーズやレバーなどにすると良いですね。

「ごはん」や「お散歩」など、
その後に「わんちゃんが大好きなこと」が約束されている言葉は
とても反応が良いですよね?

「ごはん」と言ったら飛んでくるわんちゃんは、よくいます。
これはこの言葉が良い事として自然と条件付けされているからです。

このように「オイデ」「自分の名前」もわんちゃんにとって大好きな言葉として覚えさせて
とにかく反応を良くしていくのも大切ですね♪


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

16 : 21 : 39 | しつけ全般 | コメント(14) | page top
| ホーム |