FC2ブログ
犬の食事にプラス!おすすめ食材~ヨーグルト~
2017 / 10 / 15 ( Sun )
10月は夏から秋へと季節の変わり目でですね。

先日は10月なのに夏日が見られた地域もありましたが、
ここ数日は気温が大きく下がってすっかり秋の陽気になって来ました。

この大きな気温変化は、犬にとっても体調を崩しやすいため
体調管理に特に気を付けるべき季節でもあります。

私の愛犬は季節の変わり目に胃腸の働きが少し崩れて
胃液を吐きやすくなるため、今年は食事に工夫をしてみています。

その食事のひと工夫が「ヨーグルト」です。

今回は犬が食べられるおすすめの食材としての、「ヨーグルト」についてお話しします。

ヨーグルトの3つのおすすめポイント


①整腸作用や栄養面で期待が出来る


ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内でビフィズス菌などの善玉菌を増やすことにより、
悪玉菌が増えることを抑制することができます。

胃腸の働きを健康な状態に整えることができるので、新陳代謝の促進も期待できます。

ヨーグルトのタンパク質は消化吸収しやすく、カルシウムも含まれるため栄養面でもとても良いです。

また、腸内バランスが原因の口臭予防にもなります。

②乳製品で嗜好性が高く、お腹を壊しにくい


犬は乳製品が好きな子がとても多いのですが、
牛乳に含まれる乳糖を分解できない子が多いため、
個体差が大きいのですが下痢を起こすことがあります。

しかし、ヨーグルトは乳製品ですが、
乳糖がすでに20~30%分解されているため、安心して与えることができます。
(それでも下痢を起こしてしまうような子は控えてください)

嗜好性が高い=食欲不振時などでも興味を示してくれやすいため、
いざという時のトッピングにも適しています。

③薬やサプリを混ぜやすい


ヨーグルトは粉薬やサプリメントを混ぜて与えやすいので、
投薬が難しい子に対してのアプローチとして優れています。

ヨーグルトの与え方


与えるヨーグルトの種類は糖分の入っていないプレーンの物を利用し、
少量を普段からフードにトッピングしたり、薬やサプリを混ぜて与えます。

個体差はありますが、10kgの犬で10g程度が丁度良い量だそうです。
与え過ぎには注意しましょう!



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | その他 | コメント(7) | page top
| ホーム |