FC2ブログ
犬にとって有毒!?冬の観葉植物の取り扱いに注意しよう!
2017 / 12 / 15 ( Fri )
冬になると彩のある観葉植物として室内に飾る方も多い、ポインセチアやシクラメン。

実はこれらの植物は犬が食べてしまうと、中毒症状を起こします。

庭に植えた花を掘っていたずらしてしまう癖のある子や、
散歩中に植えられた草花に興味を示しやすい子は特に注意が必要です。

もし食べてしまった場合はすぐに病院に行きましょう。

冬に注意したい観葉植物


冬の観葉植物の中で、犬に対して特に有害な植物は下記となります。

  • ポインセチア…嘔吐、下痢など
  • シクラメン…けいれん、胃腸炎、神経マヒなど
  • アイビー…嘔吐、下痢など
  • スイセン…嘔吐、下痢、血圧低下など
  • クリスマスローズ…腹痛、心臓マヒ、死亡など

観葉植物はわんちゃんの届かない場所に飾ったり、来れない部屋に飾るなど
しっかりとした対策をして、楽しんでくださいね!



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬との生活 | コメント(6) | page top
| ホーム |