FC2ブログ
ミニチュアシュナウザーの愛犬が「肥満細胞腫」になった話②
2019 / 05 / 15 ( Wed )
最近は湿度が低く、爽やかで過ごしやすいですね。
しかし、突然夏日になったりもするので、体調変化にはお気を付けくださいませ!

さて、前回前々回から続く愛犬の肥満細胞腫のお話です。

術後の愛犬の様子


20190513-1-2.jpg術後、足の患部を舐めないようにするにはどうしよう…と悩みました。

実は愛犬はエリザベスカラーを付けると一歩も動けなくなってしまうのです(笑)

ソフトタイプの襟からでもダメで、フードを使うと動けるのですがこれではお留守番時があまりに可哀想…^^;

そこで役に立ったのが皮膚保護服でした。

こちらは皮膚病のわんちゃんの皮膚を保護する物なので、
足まで完全にガードできました!

(実は愛犬はこういうつなぎの服は得意ではないので、ちょとしょげてましたが…)

手術後2日は少し患部を痛そうにしていましたが、
3日目からは普通に動けるようになってきました。

肥満細胞腫に対抗するための食事


肥満細胞腫と診断されてから、飼い主としてできることは
食事管理かなと思い、免疫力を高める食事にしています。

いつものドッグフードに
  • ニンジン
  • ブロッコリー
  • カボチャ
  • インゲン
  • キノコ類

などその時の旬で抗酸化力が高そうな野菜を適当に(笑)チョイス。

これをレンジでチンしてフードプロセッサーで細かくし、
鶏スープをかけて水分も美味しく取れるようにしました。

免疫力アップのためにサプリもプラスしています。

病理検査の結果


4/21に抜糸と病理検査の結果を聞いてきました。
今後の治療方針に深くかかわっていくことですし、
何より腫瘍の存在は寿命に大きくかかわってくため、
とてもドキドキする瞬間でした。

「結果は肥満細胞は前回の腫瘍が確認された辺りは微量に確認されたが、
マージン範囲内では確認されていない」

というもので、腫瘍として認定されるグレード評価もなく、
抗がん剤治療や放射線治療なども必要ないとのことでした。

今後は今回腫瘍を切除した後肢の部位や、転移しやすいリンパ節を重点的に
チェックしていくようアドバイスされ、
レントゲンやエコーなどの定期検査を受けていくことになりました。

細胞のガンなので、今回病理検査をした部分以外に
腫瘍が存在することも可能性としてはもちろんあるとのことですが、
とりあえずは一安心して良い結果でした。

現在はごはんで免疫力アップを図り、
ボディチェックを毎日の日課としています。

個人的な記録にもなってしまいましたが、同じ病気のわんちゃんへの参考や、
病気を知ってもらうことができましたら幸いです。

最後に愛犬にできた肥満細胞腫を参考に掲載しておきます。
肥満細胞腫は見た目が様々で判断しにくい腫瘍ですので、
必ずしもこういった物だけではないですが、
刺激によって大きくなったりした場合は疑ってください。

※この写真は細胞診で刺激を受けた後に赤く腫れた物です。その後さらに腫れて数日で血が出ました。
20190513-2-2.jpg


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 愛犬との日常 | コメント(4) | page top
| ホーム |