FC2ブログ
犬の足裏のケアに「ワセリン」がおすすめ!?
2019 / 07 / 15 ( Mon )
みなさん愛犬の肉球のケアは行っているでしょうか?

犬の肉球は子犬の頃はプニプニですが、
成長し、地面を歩くにつれざらついた感じになります。

このザラザラは走る時の滑り止めとなるため、必要な物です。

しかし、ざらざらな肉球がカサカサになったり、
ボロボロになってしまっていると「荒れている」状態になります。

肉球が荒れてしまうと「傷が付きやすくなる」
「細菌が入りやすくなる」などが起こりやすくなります。

また、若い犬よりもシニア犬は肉球が荒れやすくなります。

このように肉球が荒れてしまった時、ケアにおすすめなのが「ワセリン」です。

ワセリンとは?


ワセリンは原油を高純度に生成してつくられた天然由来の保湿剤です。

私たちも皮膚が乾燥した時や手荒れが酷い時に使いますね。

ワセリンは原油から不純物を取り除いて精製したものです。
原油はそもそも動植物が何億年もかけて地球内部に堆積したもののため、
安全性が高く、赤ちゃんの皮膚にも使用されることがあります。

そのため、犬に使用するのも問題ありません。
(※特に犬はペロペロと舐めてしまうので、
心配ですがこちらも上記の理由から問題ありません)

黄色のワセリンと白色のワセリンがありますが、
黄色ワセリンをさらに精製して、
不純物を取り除いたものが白色ワセリンとなりますので、
気になる方は白色ワセリンを使用してみましょう。

市販の肉球クリームがある場合はそちらでも全く問題ありません。

ただ、人用としても使いやすいことや家庭に既にある場合も多いので
使用しやすい物として今回おすすめしてみました♪
(※個人的な話なのですが、昔買った肉球クリームを使おうとしたら
ベタベタになって使えなくなっていたため、ワセリンを使用したら
非常につるつるになってきたたのも今回おすすめした理由です笑)

ワセリンはどんな時に使う??


ワセリンは上記のように肉球ボロボロになったり、
乾燥している時に使います。

健康な肉球には特に必要ありません。

肉球がボロボロになったり乾燥しやすいタイミングは
冬などの空気が乾燥している時期や、
エアコンをつけている時などです。

また、梅雨は散歩で足の裏が汚れやすく、
雨で汚れた足を拭いたり、乾かしたりすることで
肉球に必要な油分も取れすぎてしまい
乾燥や傷つけてしまうことがあります。

こんな時は散歩の後などに肉球ケアとして
ワセリンを塗ってみましょう。

ただし、肉球から赤みや出血が見られたり、
腫れや出来物が見られる場合は
他の病気が原因の可能性があるので獣医さんに相談をしてくださいね。

Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

17 : 00 : 00 | 犬のお手入れ | コメント(2) | page top
| ホーム |