ポメラニアンの膝蓋骨脱臼に気をつけよう!
2010 / 10 / 06 ( Wed )
situgaikotu.jpgポメラニアンなど、小型犬に多い「膝蓋骨脱臼」をご存知ですか?

別名パテラとも呼ばれます。

最近は小型犬ブームで、その中でも特に小さい子が好まれているようです。
確かに小さい子は可愛いですよね。

しかし、小さい子たちの多くは関節に問題を抱えています。

それが「膝蓋骨脱臼」です。

膝蓋骨脱臼はポメラニアンの他にチワワ、ヨーキー、
トイプードル、マルチーズなどに多く見られます。

そこで今回は「膝蓋骨脱臼」についてお話します。

膝蓋骨脱臼とは


そもそもの「膝蓋骨」とは人で言ういわゆる膝のお皿のことです。
この膝蓋骨は足を伸び縮みさせる太ももの筋肉の膝の部分の靭帯にあり、
膝を伸び縮みさせる時に関節で靭帯がずれないようにし、
関節がスムーズに動くようにする働きがあります。

「膝蓋骨脱臼」とはこの膝蓋骨が大腿骨の溝より内側、
または外側に外れてしまった状態をいいます。
内側への内方脱臼は小型犬に多く、外側への外方脱臼は大型犬によく見られます。

膝蓋骨脱臼の原因


膝蓋骨脱臼は先天性の物と後天性の物があります。

先天性の物は生まれつき大腿骨の溝に異常が見られたり、
関節の構造上の異常が知られています。

後天性の物は膝蓋骨に無理な圧力が加わったことにより起こす外傷性の物があります。
例えばフローリングで滑ったり、落下などが原因となることがあります。

膝蓋骨脱臼の症状


先天性脱臼の場合は歩けるようになってから後ろ足に異常が見られ、
両足が脱臼すれば歩行困難になります。

先天性で習慣的に脱臼を繰り返していると、足が湾曲します。
外部から膝蓋骨を正しい位置にはめ直せば元に戻り歩行可能となりますが
何度も繰り返していると運動障害が見られます。

後天性脱臼の場合は症状が突発的で膝の腫れや激しい痛みがあり、
足を引きずることがあります。

膝蓋骨脱臼には症状によってグレード1~4まで分かれており、
無症状の物から歩行困難になる子まで様々な症状が見られます。

  • グレード1
    膝の関節はほとんど正常ですが、ときどき足を浮かせて歩いたりします。
    脱臼しても自然と治る場合が多く、痛みもない場合が多いです。


  • グレード2
    膝関節が不安定で、脱臼した時に自然修復はしませんが、
    指で押し戻すことが出来ます。あまり生活に支障は見られませんが、
    加齢とともに骨の変形を伴ったり、靭帯が伸びてグレード3に移行することが
    多いようです。


  • グレード3
    膝蓋骨が常に脱臼している状態です。指で押すとまだ修復は可能ですが、
    バランスを取るために地面に足を触れているだけの状態です。


  • グレード4
    足を持ち上げたままで、全く使わずに歩く状態です。
    かがみこむような姿勢でうずくまったまま歩きます。
    膝蓋骨は常に脱臼した状態で指で修復することはできず、
    手術でしか元には戻せません。


膝蓋骨脱臼の治療方法


グレードに応じて外科手術が必要となります。
最近はレーザー治療などもあるようです

膝蓋骨脱臼の予防法


フローリングは膝蓋骨に負担をかけますので、
股関節形成不全椎間板ヘルニアと同様、絨毯やコルクマットを敷くなどの
対処をしましょう。

急な方向転換や、ピンポンダッシュなども負担をかけますので、させないようにしましょう。
体重を減らし、筋力をつけることも良いです。
小型犬だからと散歩に行かないようなことは避け、適度な運動を心がけましょう。

これらは発症してからの進行を防いだり、予防にもなりますのでぜひ行いたいことですね。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。





Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

09 : 50 : 06 | 犬の健康管理 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top
コメント
--我が家のポメラニアン--

最近我が家のポメラニアンが前足を上げてビッコ引いてる事があり鳴くときキャイーンと痛がる様な声で鳴きます。医者から貰った痛み止めを飲むと治りますが飲む布を止めるとまた再発してしまいます。
by: 土系のオッサン * 2012/10/03 08:36 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: 我が家のポメラニアン--

>>土系のオッサンさん
こんにちは、ポメちゃんの足の様子心配ですね。
ポメちゃんは何歳ぐらいでしょうか?
高齢の場合は関節にトラブルが出てきやすいですし、
また、ポメラニアンは犬種として足が細く、
足にトラブルが出やすいこともあります。

お医者様の診断はどのような感じだったのでしょうか。
診断に不安がある場合はセカンドオピニオンをお勧めします。

また、サプリメントを与える事で体の中から改善し
症状に変化が見られる事もあります。

ビガープラス for Dogs アクティブ
http://www.e-hapinal.jp/products/detail41.html

こちらのサプリメントは同じように足を痛めたポメちゃんが
良い方向に改善していったお話もありますので
こういった物を検討してみるのも良いかもしれません。

ご参考になれば幸いです。
by: meg * 2012/10/04 13:01 * URL [ 編集 ] | page top
--検査--

レントゲンでは異常はありませんでした。
暫くは様子見て(あまり走らせたり飛び跳ねさせたりしない)まだ痛がる様なら精密検査をする事にしました。

サプリメントですが参考にさせて頂きます。
by: 土系のオッサン * 2012/10/05 17:29 * URL [ 編集 ] | page top
--診断--

我が家のポメラニアンの診断結果ですが骨や関節には異常ありませんでした。
しかしここ数日は右足をほとんど踏ん張れない事もあり再度診断してもらいましたがもしかするとヘルニアや首の関節炎かも?との事らしくMRI検査を勧められました。
暫く様子見て改善しない場合精密検査するつもりです
by: 土系のオッサン * 2012/10/08 16:18 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: 診断--

>>土系のオッサンさん
こんにちは、ご様子お伝え下さりありがとうございます。
ポメちゃんの様子心配ですね・・・
原因がわかって、良くなることを願っております・・・!
by: meg * 2012/10/09 10:44 * URL [ 編集 ] | page top
--はじめまして--

はじめまして。昨年からポメラニアンを飼い始めました者です。
この度、家の子に気になる素振りがあり、似た症例を探してこちらまで辿り着きました。時間やご都合など、よろしければアドバイスをお願いします。
今朝がた、家の子と散歩に外へ、抱っこして出たのですが、20~30㎝程の高さだったでしょうか。下ろした際に、痛そうな甲高い声を出して、左後ろ足を挙げる素振りがありました。しかししばらくすると、何事もなかったかのように、楽しく走ったり、後ろ足だけで立つようなこともしてます。足を触っても痛そうな素振りは見られません。挙上も着地後のみ、していました。
もうすぐ10ヶ月齢になる子犬で、今回初めて挙上をしました。
膝蓋骨の脱臼の件を見て、自分で関節を元に戻すようなことはあるのでしょうか?痛がる様子はありませんが、早急に病院へ向かう方が良いのでしょうか?
勉強不足な私にどうか、お力をお貸し下さい。お忙しい中、恐れ入ります。
by: 犬の飼主歴7ヶ月 * 2013/01/07 11:48 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: はじめまして--

>>犬の飼主歴7ヶ月さん
初めまして、こんにちは^^

おそらく、今回はすぐに回復していることから
ちょっと痛めてしまっただけなのではと思いますが
ポメちゃんは膝蓋骨脱臼が非常に多い犬種ですので
獣医さんに関節のチェックをしてもらうのは良いことだと思います。
ひどい脱臼のグレードだと手術になる場合もありますが、
低グレードの場合様子見となることが多いです。

もし弱い傾向にある場合は早いうちからサプリメントを与える等
対処することが出来ます。
上記の返信内容にもありますがこういったサプリメントがあります。

ビガープラス for Dogs アクティブ
http://www.e-hapinal.jp/products/detail41.html

足をくじいたり痛めてしまったわんこ等にも効果が見られるので
よろしければご参照ください。
by: meg * 2013/01/07 15:19 * URL [ 編集 ] | page top
--ありがとうございます!--

とても参考になりました!

一日様子を見ていたのですが、午後の散歩も特に異常はなく、いつものように走りたがっていました。(足が心配だったので走らないよう、コントロールしていたのですが…)

知り合いのポメさんがしょっちゅう膝蓋骨の脱臼をしてしまうので、私自身が過敏になっていたかもしれません。少し気持ちが楽になりました。今後 去勢も行う予定ですので、また挙上するようでしたら、その際にでも獣医師様に相談してみます。

サプリメントについてのリンクもありがとうございます!友人から話を聞いたことがあったのですが、こういったケースにも効果的なんですね。参考にさせて頂きます。

この度は貴重なお時間を割いて頂き、そして私自身と家の子のためになるとても貴重なアドバイスをありがとうございました。
他のブログ記事でも知らないことが多く、とても勉強になりました。厚かましくて恐縮ですが、何かしら問題があれば参考にさせて頂くと思います。
それでは多々と失礼があった思いますが、ここで失礼させて頂きます。
本日は誠にありがとうございました。
by: 犬の飼主歴7ヶ月 * 2013/01/07 18:31 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: ありがとうございます!--

>>犬の飼主歴7ヶ月さん
こんにちは、その後異常がない様で良かったです^^
ただ、お友達のポメちゃんにもあるように、
本当にポメちゃんって膝蓋骨脱臼多い犬種なのです。
(特にポメやチワワトイプーの中でも小さい子は
程度の差はあれど脱臼持ちがほとんどとさえいわれます)
フローリングやジャンプなど足に負担がかかりそうな物や行動は
させないようにしてください。
注意してあげればある程度予防できたり、悪化を防げます。
去勢の時にぜひ診てもらってください^^

病気や怪我は獣医さんではないので
深くお応えできないのですが
何かあればお気軽にご相談くださいね!
by: meg * 2013/01/08 15:19 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |