子犬のワクチンの接種時期と回数について
2010 / 10 / 14 ( Thu )
感染症にかかることを予防する大切なワクチンですが、
どうして子犬はワクチンの接種回数が多いのか気になったことはありませんか?

以前のエントリでは混合ワクチンの内容についてお話ししましたが、
今回はワクチンの接種時期と回数について詳しくお話します(^o^)

混合ワクチンの接種時期&回数


初めての混合ワクチンの接種は生後42日~60日位の間に行われます。

生まれて間もない子犬は母犬の母乳から抗体をもらっていますが(移行抗体といいます)、
この移行抗体は成長とともに消えてしまいます。
移行抗体が消えてしまうと、当然感染症にかかってしまいます。

この移行抗体の消失時期が生後42日~150日と言われています…が、
確かな日数というのはわかりません。

しかしまだ抗体が残っているかもしれないけど、もう消えているかもしれない…
消えていたら子犬は無防備!という状態になってしまうのを防ぐため、
早めの時期にとりあえず1回目の接種を行うというわけです。
wakuchin2.jpg
しかし、移行抗体がある段階で接種を行うと、移行抗体VSワクチンの戦いが起きます。

すると、体の中では新しく抗体を作ることより退治するという作用が働いてしまうため、1回目のワクチンでは抗体を作ることが難しいのです。

なので、その1ヶ月後に2回目のワクチンを打ちます。

しかしこの時もまだ移行抗体が残っている場合があるので
さらに念押しとして3回目のワクチンをその1ヶ月後に打ちます。

このワクチンプログラムは獣医さんの考えによって
2回or3回接種と異なる場合があるため、
詳しくはかかりつけの獣医さんにご相談ください。

以降は1年ごとの接種となります。

狂犬病ワクチン接種時期


狂犬病の予防接種は法律で定められており、
わんこを飼ったら毎年接種させるのが飼い主さんの義務となります。

狂犬病予防接種の義務が発生するのは生後90日以降となるので、
接種の時期もそれ以降となります。

接種が義務付けられている狂犬病ですが、
日本では現在発症は見られていない病気です。

ですので、免疫力の低い子犬からすると、
「子犬が感染する恐れのある病気」を優先して予防することが望ましいので、
混合ワクチンの方が優先度は高いと言えます。

ワクチンの接種は2本同時に行えませんので、
まずは混合ワクチンの接種を優先してください。

狂犬病のワクチンは公園で集団接種なども行われており、
それに合わせて接種するというのも良いでしょう。

以降は1年ごとの接種となります。

ワクチン接種の注意点


ワクチンの接種はわんこが健康な時に行います。
高齢犬の場合は獣医さんにしっかりと相談してみてください。

また、ワクチンに対してアレルギー反応の起こる子がいますので
接種してから30分から数時間程度は注意して観察してあげてください。

強いアレルギー反応が起きたことを踏まえて、
出来るだけ午前中にワクチン接種に行き、
何かあった時も午後に診察にいけるような
スケジュールで行うと良いでしょう。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 06 : 52 | 犬の健康管理 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2011/11/30 15:37 * [ 編集 ] | page top
--Re: 遊び方--

>>ちゃたろうママさん
こんにちは^^
生後4ヶ月のトイプちゃん(ちゃたろう君でしょうか?)・・・とってもやんちゃざかりですね!
お話を聞く限り、やはり構ってあげられる時間が少なくなってしまっていると思います。
共働きということですので、仕方ないとは思うのですが…。
帰ってくると子犬のテンションに疲れてしまう、ということ、よくわかります。
私も21時過ぎに帰ってきて、わんこのテンションを見ると
一瞬疲れてしまうこともありますので(苦笑

そこで、ちゃたろうママさんも、パパさんも、ちゃたろう君も満足できる遊びとしては
知育玩具が挙げられます。
知育玩具はコングを代表とする、遊びながら頭を使えるおもちゃの事ですが、
トイプちゃんは賢く、頭を使うことが大好きなのでこういった遊びを好みます。
ワンちゃん一人で遊べる物なので、その間飼い主さんは休んでいられます。

現在単純なものから、複雑な物まで様々な知育玩具が出ていますので、
探されてみてはいかがでしょうか^^

ハウスの教え方は
「犬に楽しくハウスを教える方法」
http://wankoukiuki.blog106.fc2.com/blog-entry-61.html
をご確認いただければと思います^^

コツとしては、あくまで
“ハウスは楽しいところ!”“中に入るといいことがある!”
と思わせる事です。
無理やり入れることだけはしないようにしてください^^

甘噛みはその子の性格にもよりますが、噛まれたら部屋を出て無視をする方法と
噛まれたら叱って、もう一度手を近付けて噛まなかったら褒めてあげたり
遊んであげたりするという方法があります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
「犬の甘噛み対処法~人の手を噛む場合~」
http://wankoukiuki.blog106.fc2.com/blog-entry-18.html

現在の甘噛みは歯の生え換わりと、遊びを兼ねています。
遊ぶ時間が少ないとやはりその分興奮しやすいので
(1日お留守番だと解放した時の興奮度はやはり上がりやすいです)
上記の知育玩具なども取り入れ、ちゃたろう君を満足させてあげると
甘噛みも変わってくるかな・・・と思います。

あとは覚えているオスワリなどを遊びの間に都度入れて、
興奮を抑えてみるのも良いでしょう。

ワンコライフの参考になれば幸いです^^
by: meg * 2011/11/30 16:18 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |