犬のフィラリア症の症状と予防について正しく理解しよう!
2010 / 11 / 05 ( Fri )
firaria.jpgわんこを飼う上で欠かせないのがフィラリア症の予防ですね。

フィラリア症の予防は義務付けられている物ではありませんが、予防をしないと感染のリスクの非常に高い恐ろしい病気です。

フィラリアの予防薬についてなんとな~くあげてる方いませんか?

フィラリアっていったいどんな病気だか実は知らないなんてことはありませんか?

今回はわんこの天敵であるフィラリアについて詳しくお話します。

フィラリア症とは


フィラリアは蚊によって媒介される寄生虫の一種で、
フィラリアに寄生されたことによる疾患をフィラリア症と呼びます。

犬のフィラリア症はフィラリアの一種である犬糸条虫という寄生虫が引き起こし、
犬の心臓(右心房と肺動脈)に寄生します。

フィラリアは蚊を中間宿主とします。
フィラリアに感染している犬の血を吸血することにより
フィラリア子虫(ミクロフィラリア)が蚊の体内に入り込み
約2週間後感染能力のある感染幼虫まで発育します。

この感染幼虫を持った蚊が未感染の犬を吸血することにより
未感染犬の体内に侵入し、体内で数カ月かけて発育します。

そして、心臓と動脈に移動し、成虫となります。
成虫はミクロフィラリアを産出します。

またその血を蚊が吸血することにより、
どんどんとフィラリア感染が広がっていきます。

これがフィラリアのライフサイクルとなります。

成虫はメスで25~30cm、オスで12~18cmの大きさになります。

フィラリア症の症状


感染してすぐは無症状の子が多く、慢性経過をたどります。
しかし、数年経って症状が出る場合が多く
  • 食欲不振
  • 血尿
  • 体重減少
  • 腹水
  • 呼吸困難
  • 虚脱
などの症状が出て、死に至る場合もあります。

フィラリア症の予防法


フィラリア症の予防には予防薬を使います。
もっとも普及しているのがひと月に一回内服するタイプの予防薬で、
投薬期間は地域によって異なりますが大体5月から11月後半までです。
その他にスポット薬、注射などがあります。

フィラリア予防の注意点


フィラリアの予防をする前には必ず血液検査を行います。

もし、フィラリアに感染しているのに予防薬を与えた場合、
心臓に寄生している成虫やミクロフィラリアが急に死んでしまいます。

急に死んでしまうと血液の流れをせき止め、心不全を起こしたり、
ショック症状に陥る場合があります。

血液検査をしないで予防薬を投与するということは、とても危険なのです。

最近は温暖化により蚊の発生時期が長くなり、
年中ほとんどフィラリアの予防薬を飲んでいる状態ですね(^^;
しかし大切なわんこを守るため、予防は怠らないようにしましょう!



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 11 : 45 | 犬の健康管理 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/09/17 10:13 * [ 編集 ] | page top
--Re: 体がかゆい--

>>ジェシーさん
こんにちは。
詳しい状況がわかりませんが、
体を掻くという行為は自分や相手を落ちつかせる行動や、
人が体を掻くように日常的な行動にも該当しますが、
頻繁に痒がっているということは
何か皮膚にトラブルが有る可能性があります。
皮膚の状態はどうですか?
ノミ・ダニなどの駆虫薬はつけていますか?
異常があるようなら獣医さんに相談をしてみてください。
by: meg * 2014/09/17 15:10 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |