犬の被毛(コート)の種類について詳しく知ろう!
2010 / 11 / 29 ( Mon )
cort.jpgわんこを見ていると様々な被毛を持ったわんこがいることに気付きますよね。

毛の短い子や長い子、カールした子など本当に様々です。

この被毛(コート)は種類によって名称があり、被毛の特徴も異なります。

今回はこのわんこ達の被毛についてお話します^^

様々な毛質について


わんこの毛質には大きく分けて下記の5つがあります。
  • スムースコート
  • ショートコート
  • ロングコート
  • ワイヤーコート
  • カーリーコート

<<スムースコート>>
ドーベルマン、フレンチ・ブルドッグなどのつるつるの毛質から、
ラブラドール・レトリーバー、等の少し毛足の長い物までが
このスムースコートになります。

光沢があり、非常に滑らかなコートです。
お手入れは楽ですが、抜け毛の量は多いため室内では洋服を着せたり
ブラッシングをするようにしましょう。

<<ショートコート>>
日本犬やウェルシュ・コーギー、シベリアン・ハスキーなど
やや硬めでスムースコートよりはボリュームのあるコートです。

スムースコートと同様抜け毛の量は多いです。
被毛がしっかりと密に生えているため、
特に換毛期は相当な毛が抜けます。

<<ロングコート>>
ポメラニアン、マルチーズ、ゴールデン・レトリーバー、
アフガンハウンドなど…長い被毛を総称してロングコートと言います。
毛の質は直毛やウェービーなど様々です。

中でもヨークシャー・テリアやマルチーズなどの絹糸の様なコートのことを
シルキーコートと言います。

ロングコートはお手入れを怠ると毛玉になるため、
ブラッシングは出来れば毎日欠かさず行いましょう。

<<ワイヤーコート>>
ミニチュア・シュナウザーやテリア犬種に多く見られる
バリバリとした針金のような硬い毛質をワイヤーコートと言います。

ワイヤーコートを維持するにはストリッピング、プラッキングと呼ばれる
毛を抜く作業を行います。
この作業を行わなくとも問題はありませんが、退色したり軟毛になっていきます。

<<カーリーコート>>
トイ・プードルやカーリー・コーテッド・レトリーバーなどに見られるくるくるとした毛質です。
柔らかく癖のある毛質なので、手入れを怠るともつれや毛玉になりやすいです。

オーバーコートとアンダーコートについて


わんこの体は二種類の毛で覆われており

それがオーバーコートとアンダーコートと言います。
オーバーコートは硬くてツンツンしている毛で
アンダーコートはふわふわとやわらかい毛です。

わんこの中にはオーバーコートとアンダーコートを持つ犬種(ダブルコート)と
オーバーコートのみの犬種(シングルコート)がいます。

ダブルコートの犬種は
  • 柴犬
  • ウェルシュ・コーギー
  • シベリアン・ハスキー
などです。
換毛期にはこの2種類の毛が抜けるため相当な抜け毛となります。
毛が密集しているため寒さには強く、暑さには弱い傾向にあります。
毛の量の差はあれど、多くの犬種はこのダブルコートです。

シングルコートの犬種は
  • ヨークシャー・テリア
  • マルチーズ
  • シーズー
などです。
シングルコートのわんこ達には換毛期がないため、毛が伸び続けますので
カットや、長さを保つためには定期的なお手入れが必要です。

綿毛のアンダーコートがないため寒さには弱い傾向にあります。
※シングルコートでも原産国が寒い場合は寒さにも強い犬種もいます。

また、中にはチャイニーズ・クレステッド・ドッグなど無毛の犬種も存在しており、
当然ながら寒さに弱く、また紫外線も直に受けるため
皮膚のケアは他のコートのわんこ達よりも慎重に行います。

ご愛犬の被毛はどのコートだか分りましたか?
しっかりとお手入れして、その犬種らしさや
良いコートを保てるようにしてあげましょう^^

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 02 : 06 | 犬の体のしくみ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |