お家で出来る愛犬のケア~シャンプー知識編~
2010 / 12 / 06 ( Mon )
shampoo.jpg室内で暮らすわんこが増えたため、必然的に気になってくるのはわんこの体臭です。

臭いが気になるとすぐにシャンプーをしたくなりますが、シャンプーはわんこにとって非常に体力を使います。

シャンプーのしすぎは皮膚に良くない場合もあります。

まずはわんこのシャンプーについて理解していきましょう。

シャンプーの選び方


ひとえにシャンプーといっても色々なメーカーから
色々な商品が販売されていて迷ってしまいますよね。

一つの目安としてわんこの皮膚は
人間と同じ弱酸性ということを覚えておいてください。
なので、シャンプーは弱酸性のものを選ぶと良いでしょう。

使用していて極端に人の肌が荒れるという製品は
やはりわんこにも優しいとは思えません。
わんこにも自分の手にも合っているシャンプーを見つけてみてください。

現在は天然成分を使用したものや保存料の使用のない物など、
わんこの皮膚に留意した物もたくさん出ていますので
まずはいろいろ試してみてください。

ちなみに皮膚の弱いわんこはノルバサンシャンプーというものが
低刺激のものとしてよく使われます。

パピー用の物も低刺激ですので、パピー用を成犬に使うこともできます。

皮膚の疾患のある子は病院から処方される薬用シャンプーを使います。

シャンプーの頻度


シャンプーの頻度は以前は1カ月に一度ぐらいと言われていましたが、
最近はシャンプーの質によっては1週間に一回行っても大丈夫なものもあります。

しかしあまりに頻繁なシャンプーは余分に油分を落としてしまうため、
逆に皮膚が油分を多く出してしまいます。
それにより余計体臭が強くなってしまうこともあるのです><

シャンプー剤の説明を良く読み、正しい頻度で行いましょう。

シャンプーをしてもすぐ臭う場合は、フードが原因の場合もあります。

シャンプーの前にはブラッシングを!


シャンプーを行う前にかならず行って欲しいことはブラッシングです。
ブラッシングは毛の量を減らしたり、毛玉やもつれを取ることが出来ます。

毛の量が減るとシャンプーとブローにかかる時間が減りますし、
毛玉やもつれを取らないまま洗うと、さらに毛の状態が悪くなってしまいます。

ブラッシングを行わないと結果的にわんこに負担がかかってしまいますので
少し大変ですが、まずはブラッシングをしっかり行ってください。

続いて次回のエントリではシャンプーの仕方をお伝えします♪
>>お家で出来る愛犬のケア~シャンプー実践編~



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 20 : 09 | 犬のお手入れ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |