JKCと犬種のグループ分けについて知ろう!
2010 / 12 / 21 ( Tue )
jkc.jpg小さなチワワから大きなセントバーナードまで…様々な大きさ、容姿のわんこたち。

JKCでは国際畜犬連盟(FCI)により公認された339犬種(2009年6月現在)のうち、189犬種(暫定公認2犬種を含む)を登録しています。

今回はこのJKCと、JKCによって管理されている犬種についてお話します。

JKCとは…?


「JKCチャンピオン」「JKC公認」など耳にする機会の多い“JKC”とは
一体なんだかご存知でしょうか?

JKCとは「社団法人ジャパン・ケネル・クラブ」の略で
血統書を発行したり、ドッグショーの開催、
トリマー、ハンドラー、訓練士の育成などを行う
1949年に創立された日本の中では最大規模の犬に関する団体です。

犬種の改良・普及のために、犬籍登録と血統証明書の発行を行うとともに、
犬の飼育の指導奨励を行い、動物愛護精神を高揚することを目的として活動しています。

日本に登録されている犬種はこのJKCによって管理されているということなのです(^^b

JKCに登録されている189犬種は各グループに分けられて登録されています。

さらに詳しい情報はこちらのサイトをご覧ください
社団法人ジャパンケネルクラブ http://www.jkc.or.jp/

JKCの犬種グループについて


JKCでは平成6年4月から従来の用途別7犬種分類を廃し、
国際畜犬連盟(FCI)の分類に従い、
犬の「系統」を重視した国際畜犬連盟(FCI)が定める10グループ分類方式を採用し、
下記の10グループに分けています。
このグループ分けは各ケネル・クラブにより異なり、
例えばイギリス(KC)ではミニチュア・シュナウザー
ユーティリティ犬種に属していますが、
アメリカ(AKC)ではテリアグループに属しています。
(日本では2G(使役犬)に属します)

まずその犬種が属すグループ(大分類)ごとに大きな特徴があり
さらにその中の個々の犬種ごと(小分類)に細かい特徴、個性があるのです。

グループに分けて犬種を理解すると、
名前だけではどんな仕事をしていた犬種かわからなくとも
どのような用途で飼育され、どういったことに適しているのかわかるため、
それぞれの性格や犬質、特徴などを理解しやすいです。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
名前に「スパニエル」とついているため
アメリカン・コッカー・スパニエル等と同じ8G(鳥獣犬)に属すのかと思えば、
愛玩犬として改良されていったスパニエルのため、9Gに属しています。
こういったこともグループ分けから覚えることが出来、楽しいですね。

次回からはこのグループ一つ一つの特徴などについても
お話していきたいと思います^^
※ダックスフンドは4Gに単体でグループとなっていますが、
以前に犬種で記事を書いたので省略いたしますm(__)m

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 02 : 15 | 犬種 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |