子犬との遊びでテンションをコントロールしよう!~子犬のテンションをオフにさせる~
2011 / 02 / 07 ( Mon )
puppy-off.jpg成犬や、トレーニングをした犬は興奮して来たらオスワリなどの指示を出して落ち着かせることが出来ますが、お家に来て間もない子犬はまだ指示を理解していません。

遊ぶことはとても良いことですが興奮させっぱなしにすると興奮する癖や甘噛み吠えなどの問題行動が出てくることもあります。

指示をまだ覚えていない子犬は下記の対応で
テンションをコントロールして一度小休止を与えてあげましょう。
  • 遊びの間におやつと交換の「チョーダイ」を入れる
  • ホールドやリラックスポジションで犬を落ち着かせる
  • じゃれ噛みをしたら遊びを中止
テンションが上がらない子犬はこちらをご参考ください。
>>子犬との遊びでテンションをコントロールしよう!~子犬のテンションをオンにさせる~

遊びの間におやつと交換の「チョーダイ」を入れる


おもちゃでエキサイティングしてきたら子犬の好き放題にせず、一度ストップをかけます。

といってもなかなか大人しくはなれませんので、
おやつを見せつつ「チョーダイ」と言って一度おもちゃから子犬を離しましょう。
おもちゃから離れることで興奮を抑えることが出来ます。

まだ指示として理解はしていなくとも、今後少しずつ覚えていきます。

ホールドやリラックスポジションで犬を落ち着かせる


興奮して来たら子犬を一度捕まえて
ホールド抱っこ(首とおなかを拘束する持ち方)>>「興奮させない犬の育て方」
リラックスポジション>>「信頼関係を築く、犬のリラックスポジションをマスターしよう!」
などを行い、子犬のテンションを静めましょう。

落ち着いたらそっとおろしてもう一度遊びを再開します。

じゃれ噛みをしたら遊びを中止


遊んでいて興奮してくるとおもちゃではなく手を噛んで来ることがあります。
その時は「アッ」とびっくりするような声を出して、遊びを中断しましょう。

1分ほど無視をして落ち着かせたら再び遊んでも良いです。
甘噛みを止めさせるトレーニングにもなりますが、一度冷静になります。
>>犬の甘噛み対処法~人の手を噛む場合~



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

11 : 09 : 52 | 子犬との生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |