犬にも人にも感染する!人畜共通感染症(ズーノーシス)について
2011 / 02 / 14 ( Mon )
動物にも人にも感染する病気があることをご存知ですか?
これを「人畜共通感染症(ズーノーシス)」というのですが、
この中にわんこと人両方に感染、発症する物があります。

現在はわんこと人が密に接するようになってきたので
わんこから人へ病気が移るという危険性も増えてきました。

そこで今回は人畜共通感染症の中でも「人と犬に関わりのある感染症」のお話をします。

人畜共通感染症とは


jintiku.jpg人畜共通感染症とはその名の通り
人と家畜(動物)との間に共通で感染する感染症
のことを言います。

これは動物から人に感染する物や
人から動物に感染する物の双方を含めます。

感染症は
動物のみに感染する物、人のみに感染する物、動物と人双方に感染する物
の3つに分かれます。

有名な感染症を例にあげると
  • はしか=人だけの感染症
  • 犬ジステンパー=犬だけの感染症
  • 狂犬病=動物も人も感染する人畜共通感染症
などがあります。

犬と人の人畜共通感染症


人畜共通感染症の中で、犬から人へ感染する物には下記の感染症などがあります。

<ウイルス・細菌>
  • 狂犬病
  • レプトスピラ症
  • パスツレラ症
  • ブルセラ症
  • サルモネラ症
<真菌>
  • 皮膚糸状菌症
<寄生虫・原虫>
  • ノミアレルギー
  • 瓜実条虫症
  • (上記2つはノミが中間宿主となって人へ感染させます)
  • エキノコックス症
  • 疥癬症
<リケッチア>
  • Q熱

人畜共通感染症の予防


人畜共通感染症は怖い病気も多くありますが、
だからといって、怖がりすぎるのも良くありません。

偏った知識は動物への偏見に繋がり、
飼い犬の遺棄まで繋がることもあります。

飼い主さんは人畜共通感染症について正しい知識を持ち、
予防することを徹底しましょう。
  1. 犬を触った後は手洗いを習慣づける
  2. 濃厚な接触を控える(キス、口移しなど)
  3. 狂犬病予防接種を受ける
  4. 犬の身の回りを清潔に保つ
  5. ノミ・ダニの駆除を行う
  6. 抵抗力の低い老人、病人、子供などの接触は気をつける

人畜共通感染症の多くは健康な人の場合は感染しても
症状が出ない、または症状が軽いこと(不顕性感染)がほとんどですが、
抵抗力の低い人の場合は発症リスクが高まり、
重篤化することが多いです。

身近にそういった方がいる場合は特に予防への意識を高めましょう。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 46 : 36 | 犬の健康管理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |