アイコンタクトが必要な2つの理由
2010 / 06 / 08 ( Tue )
オスワリなどの基本動作を教える前に覚えて欲しいことが一つあります。
それがアイコンタクトです!

動作でもなく、なんとなーく地味なので意外にスルーしてしまいがちな
トレーニングなのですが、アイコンタクトは重要な役割を果たします。

まず、何か行動を教える前には必ずアイコンタクトをさせます。
どうしてアイコンタクトを教えたほうが良いかというと
  • 集中している状態が出来るので指示がしやすい
  • 上下関係をしっかりさせる
この二つの理由からです。

集中している状態が出来るので指示がしやすい


動作を教えることが出来ても、ワンちゃんの集中をすぐに取れなくては
いざというときに指示が通りません。

ですから、どんなときでもアイコンタクトで
飼い主さんの方に集中するトレーニングが必要なのです。

もし、ワンちゃんが逃げてしまったときに名前を呼んだら
集中するということが出来ていれば、
ワンちゃんはあなたのことに注目し、止まるはずです。

集中を取ってからマテオイデなどの指示をすれば
ワンちゃんは落ち着いて飼い主さんの指示を聞いてくれるでしょう。

上下関係をしっかりさせる


また、ワンちゃんはリーダーは注目する存在と考えているため
自然と上下関係も作れていきます。

アイコンタクトが出来てくると名前を呼ばなくても次は何をすればいいのかと、
リーダーの目を見て自然とお伺いを立てていくようにもなります。
何かを決めるのはいつもリーダーなのです!

ワンちゃんに何か指示を出すときは
「アイコンタクトに始まり、アイコンタクトに終わる」
これぐらい重要ですよ!

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。

Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

09 : 34 : 30 | 基本動作 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |