ボディランゲージから犬の気持ちを読み取ろう!~尻尾編~
2011 / 02 / 28 ( Mon )
犬は体の様々な部位を使って感情を表します。
これをボディランゲージといます。
犬のボディランゲージで特に有名なのは「尻尾」ではないでしょうか。

“嬉しい時に尻尾を振る”というのは
犬に興味がない人も知っていることですね。

しかしそれ以外の感情も尻尾は表しています。
尻尾の高さや振り方によって嬉しい以外の
様々な感情も相手に伝えているのです。

今回はこの「尻尾が表すボディランゲージ」についてお話します。

尻尾を観察してみよう


まず、犬の尻尾の高さからチェックしてみましょう。
基本的に尻尾が上向きの時は自信がある前向きな気持ちで
下向きの時は自信がなく、後ろ向きです。

尻尾の形状によって普段の位置は違います。
興奮していない、緊張していない状況で
愛犬の尻尾はどのような形をしているか
まずはチェックしてみましょう。

それでは尻尾の基本的な5つの位置についてです。

shippo1.jpg
尻尾が水平になっている

何かに興味を持ったり、面白いことを見つけた時など
水平の高さの尻尾になります。


shippo2.jpg大きく尻尾を振る
喜びや好意、穏やかな服従などを伝えるサインです。
尻尾だけでなくお尻まで左右に振る犬もいます。


shippo3.jpg背中の方にピンと曲げられている
自信を持っている時や強気な時、
他の犬に会って自分の方が強いとアピールする時に見られます。


shippo4.jpg尻尾が逆立っている
緊張や興奮、攻撃的な態度の時には尻尾を立てて
さらに毛が逆立ちます。


shippo5.jpg尻尾が後ろ足まで下がっている
体の高さは普通で尻尾が下がっているのは
不安のサインです。


shippo6.jpg尻尾を内側に巻き込んでいる
尻尾を内側に巻きこむまで下げている時は
恐怖を感じています。


体全体の動きも見てみよう


体の位置+尻尾の高さ+尻尾の振り方でも感情が微妙に変わります。

尻尾の「振り方」一つでも単純な喜びや、服従、
相手をなだめる意味から興奮や強気な感情の意味まで幅広く持ちます。

例えば飼い主さんに対して
「体を低くし、低い位置で尻尾を振る」ようだったら
服従の意を示します。

毛が逆立ち、歯をむき出したまま振っているようだったら
攻撃のサインの意味も持ちます。

必ずしも尻尾を振るということが
「嬉しい」というだけの意味ではないことがわかりますね。

尻尾の動きだけで判断することなく、
全体の傾向を見て愛犬の感情を見極めてあげましょう。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

11 : 09 : 37 | 犬との生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |