パピヨンの魅力に迫る!
2011 / 03 / 08 ( Tue )
蝶の様な美しい耳を持った犬…
小型犬の中でも気品の溢れる姿をしたパピヨンです。
今回はこのパピヨンの魅力に迫ります!

パピヨンとは


papi.jpgパピヨンはフランス原産の小型犬で祖先はスペイン原産のトイ・スパニエルの一種とされています。

16世紀にはヨーロッパの貴族階級で特別な扱いを受けていました。貴婦人に特に人気で肖像画にたくさん描かれており、マリー・アントワネットもパピヨンを愛していました。

パピヨンの特徴といえば飾り毛のある大きな耳「バタフライ・イヤー」ですね。

この耳が蝶の様に見えることから
フランス語で蝶を表す「パピヨン」の名がついたと言われます。

パピヨンの中に垂れ耳の個体が生まれることがありますが、
この個体は「ファレン」と言われフランス語で蛾の意味です。

パピヨンは北方スピッツ系の血も引くと言われ、
外観も性格もスパニエルとスピッツの特徴を併せ持っています。

また、パピヨンは一説には猫よりもネズミ捕りが上手な犬種としても知られます。

体重:1.5~4.5kg
毛色:ホワイト&ブラック、ホワイト&ブラウン、ホワイト&セーブル、トライカラーなど

パピヨンのかかりやすい病気


など
遺伝性の病気は比較的少ない種類と言えます。
小型犬に多い膝蓋骨脱臼ですが、パピヨンも非常になりやすいので注意が必要です。

パピヨンの飼い方としつけ


パピヨンは優雅な外見から想像が出来ないぐらい活発で運動好きな犬種です。
パピヨンオーナーの中でも
「こんなに活発だと思わなかった!」という方が多いほどです(笑
ドッグスポーツでも活躍している子もいます。

物覚えもよく、非常に賢いので色々なことを器用に覚えますが、
指示をすると、瞬時に反応するため、しっかりと一つ一つの動作を覚えさせましょう。
うやむやにすると勝手に解除したり、勝手に次の動作をすることがあります。

テンションが高く、キビキビとした動作にも見えますが
動作の早さは落着きがないことにも繋がることもありますので注意します。

プライドが高いこともあり、気に入らないことがあると
気の強さを見せることがあります。
子犬の頃からしっかりとボディコントロールなど行い、
主従関係を築きましょう。

被毛は長くもつれやすいため毎日ブラッシングは欠かさないようにしましょう。

※上記の説明はあくまで一般的に言われている話であり、
すべての犬が当てはまるというわけではありません。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 18 : 42 | 犬種 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |