東北地方太平洋沖地震
2011 / 03 / 14 ( Mon )
皆様ご無事でしょうか?
大切なご家族、ワンちゃんもご無事でしょうか?

私は関東在住ですが大きな被害はなく、
幸いにも職場から帰れない帰宅難民を経験するに留まりました。
ご連絡が遅くなり申し訳ございませんでした。

この度の東北地方太平洋沖地震により被災されました方々に、
心よりお見舞い申し上げます。

ここは「わんこのブログ」ですので
大切な家族の一員である災害時の犬たちについてお話をします。

被災地ではすでに対策として出来ることは限られますので、
今後動物たちに支援できることがありましたら、リンクなどを貼り
ブログとしても支援させていただきます。
現在はまだ混乱が続いているため、
個人的にフードなどの支援物資を送るのは避けてください。

ですので、今回は今後の災害時の避難対策を記します。
まだまだ余震が続きます。安心できる対策を出来るうちにしておきましょう。

以前書いたこの記事もぜひご参照ください。
知っておこう!災害時の犬との生活

  • 落ち着く場所(ハウス)を用意する
  • 何日分かのフード、ペットシーツなどを災害対策袋に入れる
  • リードや迷子札、鑑札をつけておく
  • ガラスの破片などの対策のためドッグブーツを用意する

まず、地震が起きたら愛犬を落ち着かせるようにしてください。
飼い主さんも落ち着けば、犬は落ち着きます。
揺れが収まったら必要なものを持って避難しましょう。

ハウスは本当に役に立ちます。
ハウストレーニングをして、ハウスがあれば犬は落ち着くことが出来ます。
落ち着く場所がないとストレスがたまったり、体調を崩したり、
トイレの失敗など起こすようになります。

失敗をしても叱らないようにしましょう。

犬も人も不安なのは同じです。

まだまだ、人も動物も不安な日々が続きます。
人に飼われている彼らは人がいないと生きていけません。

不安でストレスがたまっても彼らには優しく接してあげられる
心の余裕があるとよいですね・・・

人命救助が第一なのは理解しておりますが、
少しでも家族の一員であり、友達である彼らにも救いの手が渡ることを祈ります。

せめて犬を愛する者の一人として愛犬家の皆様のお力になれればと思います。

被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん
13 : 42 : 39 | 時事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |