愛犬を災害時の状況に慣れさせる準備をしよう
2011 / 03 / 30 ( Wed )
震災からもうすぐ3週間ですね。
徐々にですが、ペットたちの保護や状況が報道されるようになってきました。
ペットたちボランティアさんたちに保護されたりして
飼い主さんと再び暮らせる日を待ちます。

いつもの日常が変わっていくと犬はストレスを感じます。
しかし被災地で実現不可能な日常という物もあります。

犬は習慣が大好きです。
その習慣が乱れると体調を崩します。

そこで災害が起きたこんなときだからこそ真剣に考え、
実施しておきたいことをお話します。
  • 手作り食とドッグフードを併用する
  • お散歩をしない日も作る
  • ハウストレーニングをする

手作り食とドッグフードを併用する


手作り食はドッグフードと違い
保存料などが入っていないので最近流行っています。

何でも食べれる子が手作り食になった時は問題ないのですが、
手作り食しか食べない子というのは被災地では大変です。

手作り食は美味しいため、偏食気味な子というのは
手作り食を上げ続けるとドッグフードをさらに食べなくなります。

被災地で手作り食を作れるでしょうか。
預かりボランティアさんのお家で食べれるでしょうか。
実際にはほぼ不可能でしょう。

そこでせめて何か一種類でも食べれる市販のドッグフードを探してください。
また、手作り食だけでなく、ドッグフードを与える日を作ってください。

そうすれば突然ドッグフードになった時も順応しやすいです。

参考:どうしてもご飯を食べてくれない愛犬への3つの秘策

お散歩をしない日も作る


被災地では毎日のお散歩は人手不足で難しいことがあります。
同じ時間の散歩も難しいでしょう。
しかし習慣化してしまうと、ストレスや要求吠えが出ます。

そこで今から
  • 決まった時間のお散歩は止めること
  • 散歩と排泄は切り離すこと
  • お散歩をしないで室内で運動させる日も時々作ること
を心がけてみてください。

お散歩をしないときは運動不足がストレスになるので、
おもちゃで遊ぶなどその分体力を消費させてください。

上記は特に「決まったお散歩が習慣化して要求吠えを起こしている子」は
実践すべきだと思います。

参考:犬の散歩の時間、場所、回数について

ハウストレーニングをする


一緒に避難所に行ける場合などはハウストレーニングは必須です。
ハウスなど狭い場所で大人しくできない子は一緒に避難できません。

何度も記事として書いていますが、
これだけは是非練習して慣らしておきましょう。

ハウスが落ち着く場所になればわんこのストレスを大幅に減らせます。

参考:犬に楽しくハウスを教える方法

災害が起きないとこういったことはあまり考えないと思います。

しかし、実際に未曽有の震災が起きてしまいました。

ご飯は飼い主さんが「食べなくてかわいそう」と思ってしまったり、
ハウスは飼い主さんが「かわいそう」という気持ちで行わなかったり、
散歩も「行きたがるから行かないとかわいそう」だったり・・・
飼い主さん自身の気持ちの問題が大きいことがあります。

この機会に気持ちを切り替えて
備えとして、ぜひ考えてみてください。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 08 : 07 | しつけ全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |