ペットと避難する時に気をつけたい5つのこと
2011 / 04 / 06 ( Wed )
もうすぐ震災から4週間。
徐々にペットのことに関する話も聞かれるようになりました。
3週間漂流し、飼い主と再会できたというわんこのニュースもありましたね。
非常に嬉しいニュースでした。

しかし、反対に原発関連のニュースでは
町に置いて行かれたペットや動物たちが野良化しているという
大変心の痛むニュースもあります。。。

さて、そこで今回はペットと避難することについて
もう少し真剣に考えてみたいと思います。
  • ペットは必ず連れて逃げること
  • 避難所に入れないことも考える
  • 預かり先をあらかじめ確保しておく
  • 最低限のしつけは出来るようにする
  • 周りの人への気配りを大切にする

ペットは必ず連れて逃げること


避難勧告があり、その場にペットがいた場合は、
必ずペットを連れて逃げるようにしましょう。
行政が「ペットを連れて逃げろ」と指示をしなかった場合もです。

家に置いて逃げると、倒壊などの危険から助けに戻れなかったり、
ペットと再会できないことがあります。

今回原発の避難地域での避難の際には
行政が「すぐに戻れる」と通達したので
ペットを置いていってしまった方がたくさんいました。

結果、原発問題はいまだ終息せず、ペットは置き去り状態で、
現在人のいない町で野良犬のようになっているようです。

実際にこのような状態が起きてしまっているので
「避難をする=ペットと一緒に逃げる」という考えを
飼い主さん一人一人で持っていた方が良いでしょう。

その場でペットを守れるのは飼い主さんだけです。

避難所に入れないことも考える


避難所の規模が大きい場合はそれだけ人がたくさんいます。
中にはペットが苦手な方、アレルギーの方もいます。

ペットが好きな方というのはペットが嫌いな方のことは理解が出来ず、
残念なことに逆もまた然りです。

悲しいことに災害という極限状態、慣れない集団生活の中で
さらに苦手なペットがいるとなると
問題の火種となってしまうことも多いです。

避難所に入れないことも考え、テントや車の中での生活も考えましょう。

ペット連れの避難所の利用は自治体によって様々です。
一度避難先のペットの受け入れ状況を確認してみましょう。

ペット連れの方のみの場所や、ペットだけ別の場所に置けるという
避難先も作られているようです。

しかしなかなか難しい状況が多く、現在避難所でペットも受け入れられるよう
署名活動を行っている団体がありますので再度リンクを貼ります。

***松本秀樹のNaturalDogStyle***
『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』
http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html

預かり先をあらかじめ確保しておく


災害が起きた時に親戚や飼い主さん同士などで
預かり先を決めておきます。

現在は同じ種類のペット同士でブログなどで繋がっている方も多いです。
そういった飼い主さん同士でいざという時の協定を組むのも良いでしょう。

最低限のしつけは出来るようにする


避難所にペットと一緒に入れた場合しつけをされていないペットは
「吠えてうるさい」などイライラを助長し、避難されます。

逆にしつけをされているペットは
「静かで大人しい」など逆に感心、癒される方も多くなります。

ペットの評判を落とさないためにも普段からしつけをしっかり行いましょう。

周りの人への気配りを大切にする


共同生活の中で、つい忘れがちなのが気配りです。
ペットと一緒の場合は特にこの気配りを大切にしてください。

抜け毛を出さないように服を着せたり、
むやみにハウスから出さないようにしたり、
出来るだけ外に連れ出してあげるようにしたり…

飼い主さんもペットも健康管理に気をつけて
避難生活を乗り越えていけると良いですね。


===
いまだ被害の全容がわからない状況の今回の大震災。
改めて被災された方のお見舞い、
亡くなられた方のお悔やみ申し上げます。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

11 : 22 : 50 | 犬との生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |