愛犬の肥満を防ぐために注意したい6つのこと
2011 / 05 / 10 ( Tue )
himan2.jpg犬が肥満になる原因の多くは飼い主である私たちにあります。

肥満は犬にとっても病気の原因となります。

犬は勝手に食事をすることはなく、
食事の管理をしているのは人間であり、
運動の管理も人間であるからです。

そこで人側が犬の肥満を防いであげる必要があります。

今回は犬の肥満を防ぐために飼い主さんがしてあげられる6つのことをお話します。
  • 避妊、去勢後はフードを減らす
  • 人間の食べ物を与えない
  • 運動をさせる
  • 給与量を確認する
  • おやつを与えた時はその分を減らす
  • 体型をこまめにチェックする

避妊・去勢後はフードを減らす


避妊、去勢手術を行うと体のバランスが変わり、必要とするカロリーが減るため、
手術前の量と同じ量を与えていると肥満傾向になることが多いです。

子犬の場合は成長するため、
そこまでフード量に関して神経質にならなくとも良いのですが、
体の成長も落ち着いた成犬は飼育環境、運動時間に合わせて
フード量を減らす必要があります。

またダイエットフードはカロリーが低く、栄養も低下するため
子犬には不向きと言えます。

成犬でもダイエットフードを与えず、普通のフードで体重管理は可能です。

避妊去勢後は必ずダイエットフードに変えるのではなく、
体重変動がなければいつも通りのフードでも大丈夫です。
ダイエットフードは肥満になってしまった場合の対策として
考えてみると良いでしょう。

人間の食べ物を与えない


人間と食べ物は犬にとっては塩分、油分などが高く、
肥満の他、内臓にも悪影響を与えます。
中には犬には毒となる食べ物もあります。
>>「犬が食べてはいけない食べ物について

欲しがってるからと少しだけ・・・
と一度でもあげてしまうと、ねだって吠えるようになり、
また、飼い主さんも可愛い愛犬が欲しがっているからと
どんどん与えてしまいます。

家族内の中で協力が必要不可欠ですが
こっそりとあげてしまう裏切り者が出たり、どんなに体に悪いと言っても
与えてしまう人が家族内に出てくることが多々あります^^;

しかし、身内の言うことというのはなかなか聞き入れられない物。

そういう場合は獣医さんに一緒に行き、
肥満は寿命を短くすることを説明してもらいましょう。

どうしても何かをあげたい場合はテーブルの上に犬用に
野菜やその日のフードの一部などを用意して、
それを与えることにより飼い主さんも犬も満足できるようにすると良いでしょう。

運動をさせる


散歩にも行かずに食べることだけを続けていたら
運動不足により肥満になります。

肥満になると体が重くなるためますます動かなくなり、
さらに太るという悪循環になります。

普段から散歩を心がけ、肥満になった場合は
カロリーコントロールを始めてから少しずつ
軽い運動をさせていくようにしましょう。

極度の肥満になっている場合は激しい運動は体に負担がかかるため
行ってはいけません。

動けないほどの重度の肥満の場合は獣医さんに相談をしてください。

給与量を確認する


フードの給与量、しっかりと管理してますか?

大雑把になりがちですが、出来ればしっかりと
毎回量を量ってあげられると良いでしょう。

どれぐらいをあげていたら体重が増えてしまったのか
すぐにわかることが出来ます。

また、何キロの犬は何グラム~というように
フードの給与量が記載されていますが、
ただ現在の体重に合せて与えればよいというものでもありません。

例えば…適正体重は3kgのチワワが肥満で10kgになりました。
10kgだからと言って10kgの犬が食べる量を与えてしまったら…
どうなるでしょうか・・・?
さらに肥満になってしまいますね。

その子の適正体重をしっかりと見極めてください。

おやつを与えた時はその分を減らす


今は犬のおやつもバリエーションが豊富で、
ドッグカフェにもさまざまな犬用のごはんもあります。
こういった物を選んで与えるのも飼い主さんにとっては楽しみの一つと言えます。

おやつを与えたり、ドッグカフェで犬用のご飯を食べたりした日は
一日のフードの量を減らすようにしてください。

フードはいつもと同じなのに太ってきたという場合は
おやつをたくさん与えていたということも多いです。

おやつも喜ぶからと言ってたくさんのあげすぎず、適正量を守りましょう。

体型をこまめにチェックする


肥満になると目に見えて犬の体型が変わっていきます。
肥満度チェックについてはこちらをご覧ください
>>「肥満になっていませんか?愛犬の体をチェックしよう!

この体型の変化は常に意識し、
太ってきたと思ったらフード・おやつ・運動などで
コントロールしてください。

体重も量れればチェックしましょう。

飼い主さんの毎日の観察・管理が肥満の予防となります。

愛犬に負担を与えないためにも頑張りましょう!



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

11 : 14 : 27 | 犬の健康管理 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
コメント
--塩分について--

こんにちは!!
いつもお世話になっております。

今日は塩分について教えていただきたく・・・。
いつも長時間の留守番なので、長くカミカミできる豚耳などを隠して宝探しをさせてますが、毎日豚耳ってのも良くないかなと思い、サメのヒレ(骨付き)を乾燥させた堅いおやつを購入しました。
コラーゲンも摂れるらしく、こりゃいい!と思ったのですが、仕事から帰るといつもはしてないオシッコがしてあって、あれ?と思って水入れ見てみると半分くらいに減っていました。
で、残してあったサメヒレをなめてみると・・・。

しょっぱー!!!!!でした。

物によってはもしやと思って舐めて確認してから与えるんですが、うっかりしてました。
ワンコ、ニャンコ用おやつと表示されていて、無添加ってだけで塩抜きしてないんかい!
と独りつっこみしてました。
たとえ海水の塩分でも塩分は塩分ですよね?
売ってる店に抗議しようとかそういう為に確認してるわけじゃないです^^

なんか有名な留守番の気を紛らわすペーストを塗ったくるそのペーストも親の敵かと思うくらい塩辛くて、すぐに使用をやめたりした経験があるので、人間が舐めて確認するのは必須だと思っていたのに・・・。
全部食べてなくて良かったけど、やはり確認してみてあきらかにムムム!!ってやつは与えないが正解でしょうか?
なんだか初歩的な質問ですみません。
わかっているんだけど、だけどもし私が舐める事をしない人間だったら
買った一袋全部を与え続けていたかもしれないってすごい恐怖(>д<)
と同時に、え?しょっぱいけど自然のミネラルだから平気なんじゃん?売ってるわけだしみたいな考えもあるし、ということで、
またまたお邪魔させていただきました。

よろしくお願い致します。
by: miho * 2015/10/31 13:31 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: 塩分について--

>>mihoさん
こんにちは。

おやつ、大変でしたね!
無添加で素材の名前だけが記載されているようなものでしょうか?
これは製造元に聞いてみた方が良いかもしれません(抗議とかではなく・・・)
おそらく量を守れば一日の必要な塩分量を越えないので問題ない、
との回答になるかと思いますが
主食で塩分はコントロールされているので、そこにしょっぱい物が加わると
飼い主さんの方ではコントロールが難しくなりますよね。
実際の塩分量もわからないので気になるようであれば
やはり量をかなり少なくして与えるか、止めた方が良いと思います。
by: meg * 2015/11/04 17:16 * URL [ 編集 ] | page top
----

こんにちは!!
返信ありがとうございます。

そうなんです・・・無添加と謳っていて、素材の名前が書かれてるだけなんです。
一応、すごい塩辛かったので、塩抜きしてませんなどの表示があると助かりますというような内容のメール送ってみましたが、返事はまだありません。

勿体無いので水を換えながら2日位水に浸して、今ベランダで干してます。
かなり塩辛い水になったので、塩抜きできたかなと思ってます!
乾いたらまた舐めてみて、ちょっと考えようと思います。

塩抜きされてて当然って思ってちゃだめなんですね!
逆に、今回気付く事ができてよかったです(`・3・b)
ありがとうございました。

by: miho * 2015/11/05 12:15 * URL [ 編集 ] | page top
----

度々すみません。
あれからおやつ屋さんから連絡が来て、製造工場に問い合わせしてくれ、水洗いはしてます との返答がありました との事でした。

塩抜きしている商品と、水洗いの商品があるそうです(魚系は)
でも、
「指摘のあった通り塩抜き表示等、ワン・ニャンが健康であってほしいので安心できる環境作りに努めます」的な言葉をいただきました!
安心しました~。

鮫ヒレも2度の塩抜きで微妙に塩分を感じる程度までになったので、毎日ではなく、1週間に一度とかにしようと思います。

ありがとうございました♪

by: miho * 2015/11/07 09:21 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>mihoさん
こんにちは。

なるほど、こちらもそういった情報を聞けて
こちらも大変為になりました!
私はあまり魚系のおやつをあげないこともあり、
なかなかお役に立てずすみませんでした^^;

塩抜きで薄味なら頻度を下げれば安心かと思います。

わんこの為にしっかり味見したり、
おしっこの状態などでわんこの様子をしているmihoさんは
とっても素晴らしい飼い主さんだと思います♪
by: meg * 2015/11/07 18:00 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |