JKC8グループ:7グループ以外の鳥猟犬について
2011 / 05 / 18 ( Wed )
jkc8.jpg
JKCの犬種グループ分け、8グループに含まれる犬種のお話をします。

8グループは7グループ(ポインター・セター)に含まれない鳥猟犬のグループです。
ポインターやセターなどの獲物を見つけたことを示す鳥猟犬以外は
こちらのグループに属します。

JKCの中で8グループに含まれる鳥猟犬は以下の犬種です。
  • ラブラドール・レトリーバー
  • ゴールデン・レトリーバー
  • フラットコーテッド・レトリーバー
  • カーリーコーテッド・レトリーバー
  • ノヴァ・スコシア・ダック・トーリング・レトリーバー
  • チェサピーク・ベイ・レトリーバー
  • アイリッシュ・ウォーター・スパニエル
  • アメリカン・コッカー・スパニエル
  • イングリッシュ・コッカー・スパニエル
  • イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル
  • ウェルッシュ・スプリンガー・スパニエル
  • フィールド・スパニエル
  • サセックス・スパニエル
  • クランバー・スパニエル
  • コーイケルホンディエ
  • スパニッシュ・ウォーター・ドッグ
  • ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグ


8グループの鳥猟犬の特徴


このグループの鳥猟犬は、7グループのポインターとセターとは
異なる役割をこなしていた鳥猟犬です。

ポインターやセターが獲物の位置を指し示すことに長けたのに対し、
獲物の回収(主に水鳥など)、獲物の追い出し等に長けます。

スパニエル種とレトリーバー種の多くがこのグループに属します。

スパニエル種は湿地帯や草むらの中などでも獲物の捜索や回収等で活躍し、
レトリーバー種は泳ぎに長け、主に水辺や水中での獲物の発見、
回収で活躍しました。

水辺で活躍する鳥猟犬が多いグループとも言えます。

家庭犬としての鳥猟犬たち


8グループの犬たちは日本でも家庭犬として数多く飼われています。
性格も穏やかで明るい犬種が多く、忍耐強いため子供などとも仲良くできます。

このグループの代表的な犬種にラブラドール・レトリーバーがいます。
今では盲導犬として有名ですが、もともとは水鳥の回収(レトリーブ)を
仕事としていました。

ラブは使役犬として人の役に立ち、家庭犬ととしても飼いやすく
最も有名な鳥猟犬と言えるでしょう。

人と一緒に作業をすることや運動が好きなので
アウトドアやトレーニングを楽しみたいという人にお勧めのグループです。

子犬、若犬はテンションが高くなり過ぎることがあるので
コントロールをしっかり、運動不足に注意しましょう。

※上記の説明はあくまで一般的に言われている話であり、
すべての犬が当てはまるというわけではありません。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 11 : 45 | 犬種 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |