愛犬の理想の飼い主になれていますか?~犬からの5つのお願い~
2011 / 05 / 19 ( Thu )
今、あなたの愛犬はあなたを信頼していますか?

愛犬と良い関係になるには
愛犬に頼りにされる飼い主さんにならなくてはなりません。

実はトレーニングだけでは信頼関係は築けません。

トレーニングの前に愛犬に
「この人の言うことなら頑張って聞いちゃおう!」
と思わせられてこそ、素晴らしい関係が築けるのです。

犬は飼い主さんにすべてを委ねなくてはいけませんので
この人がいれば生きていけると考えられるような人に
本能的にしっかりとついていきます。

あなたは犬に頼られる飼い主になれているでしょうか?

犬に何かを求める前に、まず犬の5つのお願いに応えられているか
チェックをしてみましょう。

  1. たくさん遊んで欲しい
  2. 食事やお水を与えて欲しい
  3. 散歩に連れて行って欲しい
  4. 安全な場所を提供して欲しい
  5. メリハリのある態度で接して欲しい

①たくさん遊んで欲しい


犬は飼い主さんと一緒にする遊びが大好きです!
遊びを通してコミュニケーションをとることが出来ます。

1匹で飼われている子は仲間と遊ぶこともないため暇です。
遊びを提供してくれる飼い主さんは尊敬される存在となるでしょう!

②食事や水を与えて欲しい


生きるために必要な食べ物を与えてくれる人は本能的に頼られます。
もっとも愛犬と仲良くなれる方法の一つですが、
食事をくれるだけの人と定義されてしまうと
掌で踊らされてるなんてことも・・・

お散歩中に犬が喉が渇いているのに気付いて、
お水を与えてくれる飼い主さんは信頼度アップです。

③散歩に連れて行って欲しい


犬は刺激のある外に出ることが大好きです。
好きな場所に連れて行ってくれる飼い主さんのことも好きになります。

また、散歩の仕方を通じて飼い主さんとの関係を
チェックしている犬も多いです。

④安全な場所を提供して欲しい


安全に生活できる環境を提供してくれると、
犬の精神状態は落ち着きます。

精神が落ち着かない場所では、飼い主さんへの集中も乱れます。

犬が落ち着けるハウスを作り、安全な場所を提供してあげましょう。

また、落ち着かないような場所でも
飼い主さんがいれば安心できるというレベルになれば
双方の関係は理想的といえます。

⑤メリハリのある態度で接して欲しい


いつも態度が違ったり、犬は戸惑ってしまいます。

また、指示も褒められるタイミングが曖昧だと理解が出来ず
犬も混乱してしまいます。

良いことと悪いことをしっかりと決めてくれる飼い主さん、
わかりやすい指示をくれる飼い主さんが犬は好きです。


これら5つの犬のお願いをバランスよく実践してあげれているでしょうか。

何も分からなかった子犬から成犬に成長するにつれて
ただ遊んでくれるだけの人、食事や散歩をしてくれる人…etc
と、犬は人をしっかりと見るようになっていきます。

犬にとって頼れる人とは
犬が暮らす上で求めることを提供し、
優しく、時には厳しく接してくれる人です。

関係が崩れていると感じている人は
もう一度愛犬のお願いに応えられているか、考えてみましょう。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 35 : 23 | 犬との生活 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2012/06/17 15:06 * [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |