チワワやシーズーに多い!?涙やけについて
2011 / 06 / 08 ( Wed )
namida.jpg目の下が赤茶色に濡れている子を見たことがありませんか?
特に白い犬は目立ってしまいますね。

これは「涙やけ」と言われ、
命にかかわる危険な病気等ではありませんが
出来ることなら綺麗な毛でいて欲しいのが親心という物。

そこで今回はこの「涙やけ」についてお話します。

涙やけとは…


涙やけとは涙に含まれる成分により
目の周りの毛が赤茶色にやけてしまうことを言います。

涙が多いとこの状態になりやすく、
また毛色が白や明るい色の犬ほど目立ちます。

涙やけの原因


涙やけの原因は涙にあり、
涙が出過ぎる原因には主に下記の2つがあります。
  • 鼻涙管がつまる(流涙症)ことにより涙が溢れる
  • 目の炎症、乾燥
涙が通る管を鼻涙管と言いますが、この管がつまったり、
屈折すると管が狭くなります。

すると涙が正常に降りてこないため涙が目から溢れてしまうため
涙が出過ぎて被毛を湿らせます。

これを流涙症と言います。

短頭種はマズルが短いため、鼻涙管が狭くなりがちです。

目の大きい犬種は、目が乾燥しやすいため涙の量が多く、
逆さまつげや結膜炎など目の炎症が起きている場合も
涙の量は増えますので、この場合も涙やけとなります。

涙やけになりやすい犬種

…などの犬種に多いと言われます。
短頭種で目が大きくとも涙やけにならないこと言う子もいるので
体質も大きく関係しているようです。

子犬は涙の量が成犬よりも多く出るため、
子犬の時に涙が多くとも成犬になると自然と改善していることも
多いようです。

涙やけの改善方法


涙やけを改善するには
  • 涙をこまめに拭くこと
  • 鼻涙管を広げる手術をすること
  • 涙を出させている病気を治すこと
  • フードを変えること
が有効です。
涙が出たらホウ酸水でこまめに拭いてあげると
涙にやけた被毛を優しく脱色することが出来ますので
普段のケアの中でしっかり涙やけのケアを取り入れてあげましょう。

医学的な対処としては狭くなってしまっている鼻涙管を広げることで
通りを良くし、涙やけを防ぐことも出来ます。
しかし、手術ですので麻酔の危険性を考えなくてはなりません。

結膜炎などの目の病気が原因で涙が出ている場合は
その病気を治すことにより涙の量が減りますので
まずはそちらの治療をしましょう。

フードが原因で涙やけを起こすこともあるようで、
その子に合ったフードを探したり、手作り食を与えたところ
涙やけが軽減したという例もあります。

体質改善も効果があるということです。

その子に合った方法で綺麗な被毛を保ってあげられるとよいですね。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 20 : 39 | 犬の健康管理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |