ビーグルの魅力に迫る!
2011 / 06 / 15 ( Wed )
日本で飼われる猟犬の中でも最も有名な犬種、ビーグル。
明るいキャラクターは安定した人気があります。

今回はこのビーグルの魅力について迫ります!

ビーグルとは


beagle.jpgビーグルはイギリス原産の小型犬でJKC6グループ(嗅覚ハウンド)に属します。

ウサギ狩りに使われた中では最も小さい犬ですが、その大きな吠え声から

「森の鈴」「森のトランペッター」「草原の声楽隊」

などの異名を持ちます。

この特徴的な吠え声はウサギを追い詰めたり、集団で狩りをするビーグルたちの連絡に使われるなど狩猟に置いて重要な役割を果たしていました。

ちなみにこのウサギ猟はホルンを使い、
ホルンの音でビーグルに指示を出す独特な方法で行われました。

ビーグルは決して足の速い犬種ではないですが
持久力とにおい嗅ぎでウサギを追い詰めていくのを得意としていたこともあり、
運動量は多く必要とされます。

ビーグルは他の狩猟犬と異なり、
集団で猟に使うことが普通とされている犬種のため
他の犬種に比べ多頭飼育しやすい犬種です。

また、犬種内の個体差が少ない、多産などの理由から
動物実験に使われることも非常に多いです。

ビーグルのサイズは2系統あり、
13インチビーグルと15インチビーグルがいます。
(イギリスでは16インチが上限)

ちなみにビーグルは“スヌーピー”のモデルとしても有名です。

ビーグルのなりやすい病気



大きな垂れ耳を持つビーグルは外耳炎になりやすい犬種です。
しっかりとケアを怠らないようにし、
股関節形成不全やヘルニアなど関節の疾患にもなりやすいので
日常の中で歩行のチェックをしましょう。

ビーグルの飼い方としつけについて


ビーグルは明るい性格で愛想がよく、とても楽しいキャラクターの持ち主です。
忍耐力があるので子供とも仲良く遊ぶことが出来ます。

ただし独立心が強いためしつけは根気よく行う必要があります。

吠え声が大きいため、要求吠えなどに注意しましょう。
運動不足から吠えることがあるため、運動はしっかりと行います。

吠え声に気をつけていても、吠え声が大きくよく通る犬種なので、
集合住宅で飼うのにはあまり適しません。

また、集団で猟をしていたことから犬と遊ぶのが好きな個体が多いです。
ドッグランなどで遊ばせてあげるのは良いですが、
飼い主さんと良い関係が築けていないと、
飼い主さんそっちのけで犬同士の交流を深めてしまいます。

コミュニケーションとトレーニングをしっかり行い、
飼い主さんといることが一番だと教えてあげてください。

※上記の説明はあくまで一般的に言われている話であり、
すべての犬が当てはまるというわけではありません。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 23 : 13 | 犬種 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |