犬の逆くしゃみ症候群について
2011 / 07 / 01 ( Fri )
gyaku.jpg突然愛犬が苦しそうに「ブーブー」「ガーガー」と
不思議な呼吸をしているところを見たことがありませんか?

これは一般的に「逆くしゃみ」と呼ばれる症状で、
突然なるので飼い主さんはびっくりすると思います。

今回はこの「逆くしゃみ」についてお話します。

逆くしゃみとは・・・


逆くしゃみとは犬の発作性の呼吸で、
くしゃみを逆に吸い込んでいるかのように見えるため
逆くしゃみと呼ばれますが、実際にはくしゃみではありません。

くしゃみは空気が鼻孔から急速に押し出される現象を言いますが、
逆くしゃみは鼻孔が空気を急速に連続的に吸い込む現象です。

逆くしゃみは
等の犬種に起きやすく「ブーブー」「ガーガー」と豚の鳴き声のような音を立てて
苦しそうな呼吸になります。

逆くしゃみ自体は長くても1分程の物で、放っておいても収まり、
痙攣や発作の様に命にかかわるようなことはなく
逆くしゃみの前後は犬はけろっとしています。

しかし一度逆くしゃみを起こすと癖のようになり、
生涯に渡り繰り返すことが多いようです。

逆くしゃみが起きたら・・・


逆くしゃみは放っておいても収まりますが、
起きた時に胸やのどなどをさすってマッサージしてあげると
早く収まりやすいと言われます。

飼い主さんも何かしてあげたいという時には
こういった補助をしてあげると良いでしょう。

また、逆くしゃみかと思っていたら
別の器官の病気の症状ということもあります。

しかし判断をすることは難しいため、
逆くしゃみのような症状を起こしたら動画を撮影し、
獣医さんに見ていただくというのが良いでしょう。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 44 : 32 | 犬の健康管理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |