どんな名前を付けていますか?犬の名前についてのあれこれ
2011 / 07 / 04 ( Mon )
namae.jpgみなさんは愛犬にどんな名前を付けていますか?

名前の由来は飼い主さんとわんこごとに色々あって
面白く、また愛情が溢れていてほっこりとしますね。

今回はこの「犬の名前」についてお話します。

最も犬につけられている名前は・・・


犬につけられている名前で一番多い名前は何なのか・・・
気になりますよね?

実は毎年様々なところで集計がされており、
まるで人間の子供の名前の様に毎年何かしら流行があり
変化があります。

面白いですね^^

昨年集計したランキング(♂♀各年齢すべて合わせた総合)では
1位モモ
2位チョコ
3位マロン
が上位の名前だったそうです。
(犬の名前ランキング大調査2010 アイリス より抜粋)

中でもモモは4年連続で一位だとか・・・
呼びやすさ、覚えやすさ、可愛らしさからも
長年首位なのもうなずける可愛らしい名前ですよね♪

近年のわんこ達の名前で多いなと感じるのは
食べ物の名前でしょうか。
ランキング上位の名前もよく見ると全部食べ物の名前ですね。

また、日本犬にはコタロウ、ヤマト、ムサシ
などの日本らしい名前をつけたりする傾向があるようです。

日本で有名な犬の名前と言えば「ポチ」がありますが
このポチは実はどうしてポチという名前になったのかの由来は
正式にはわからないそうです。

どんな名前が聞き取りやすいのか


さて、ここから先は犬の聴覚と名前に関するお話です。

言葉というのは「母音((a,e,i,o,u))」「子音(k,s,t,n,h,…)」から
形成されていますが、犬はこの母音しか聞き取れないと言われます。

「タロウ」は「あおう」
「モモ」は「おお」
「ラッキー」は「あっいー」

と聞こえていることになります。

複雑な音を聞き分けるということは苦手なので
聞き取りやすく、シンプルな名前の方が犬にとっては
理解しやすいと言えそうですね。

余談ですがこれは叱る言葉にも言えることで、
長々叱り言葉をしゃべっても犬には母音しか聞こえていないので
何が何やらわかりません^^;

なので、叱り言葉や褒め言葉は
短音で聞き取りやすい言葉の方が効果があるのです。

どんな名前を付けるのも飼い主さんの自由です。
犬が理解しやすいかどうかは別として、
長い名前を付けること自体は問題はありません。

でも呼ぶのも飼い主さんなので
長い名前はいつの間にか略称で呼ばれていたりしますね(笑

「本名はエリザベスなんですけど、呼ぶ時はリズです」

なんて2つ名があるのも個性があって面白いのかもしれません^^

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 38 : 56 | 雑学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |